富岡製糸場 加藤登紀子コンサート

10月7日、富岡製糸場140周年記念イベントに行ってきました。

まずは、町中を散歩して昼食。昭和のかおりがします。

明治8年に富岡製糸場関係者の住んだ長屋に最近オープンした「カフェ ドローム」。
ブリューナの故郷フランス、ドローム県からの名前とか・・・。


   カフェ 明治の工事人用の長屋     2階、土壁があらあらしい

2階は柱、土壁、梁が・・・・・。
家具は、おしゃれで・・・・不思議な雰囲気です。
 エスプレッソマシーンで入れたコーヒーを味わう。

午後1時、製糸場へ。団体客が何組も・・・・シルキーちゃんも御挨拶。
今日は暑いです。中の人は大丈夫かな。

    富岡製糸場     レンガがいいです


     シルキーちゃん     入場をまつ列

   整理券が配られて、東繭倉庫のなかへ。

   300人の熱気で暑い!

   倉庫の中の会場     本日の切符

今回は、フランス人技師ポールブリュナの指導のもと、日本初の官営器械製糸工場として、140年前の明治5年10月4日操業を始めたことにちなみ企画されました。

  ポスター    7日の上毛新聞

最前列近くで加藤さんの歌声を聴け感激しました。
同年代なので、話題や・・・体の姿勢など・・・・共感できる事ばかり。

椅子がわりの長板で、おしりが痛かった・・・・前もってわかっていれば座布団を用意したのに・・。

明治時代の繭倉庫の中で聴く シャンソン。

大変贅沢な一日でした。満足、まんぞく。

スポンサーサイト

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

tag : 富岡製糸場 加藤登紀子

黒保根の星野兄弟を尋ねて

5月31日桐生市黒保根町水沼へ星野兄弟の足跡を・・。

黒保根支所にある歴史民俗資料館に車を置き、水沼製糸所跡へ。

養蚕が盛んだった水沼に星野長太郎が機械製糸所を創設。

壁もくずれています     お城の石垣のようです

震災で石垣がくずれ工事中でした。
国道122号を挟んで星野家の墓地 観音堂があります。
→が星野長太郎の墓です。

歩道橋から見る星野長太郎の墓地     長太郎の墓

星野長太郎の弟でアメリカにわたり生糸取引で活躍した 養子先の新井領一郎の家へ。

下田沢鹿角の新井家はキャンプ場になり、新井家の移築改装ができたばかりでした。

入口     西町インターナショナルスクール

新井領一郎の家?     キャンプ

新井領一郎の孫、松方種子(ライシャワー夫人の姉)が創始者の西町インターナショナルスクールの校外学習、交流の場として、つかわれているようです。

雛には稀な、おしゃれな家です。

カーナビの具合が悪くて・・・・探すのに苦労しました。

入力できない・・・・。
画面が2キロになってしまう・・・。

一大事です。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

tag : 星野長太郎

重伝建 赤岩散策

2月21日3月に催される旅行の下見に嬬恋村へ。

10時30分北関東道太田ICを出発。
正面には浅間山が真っ白、右には赤城山、榛名、妙義と上毛三山が見え・・・東毛は扇の要です。

信越道軽井沢ICで降りる。1000円。

軽井沢浅間白根火山ルートへ。

浅間が美しい     ここも綺麗だ

青空に・・・煙が・・・いい・・・・。

ブルーベリー前から     少し移動しても美しい
いつも休憩する「ブルーベリー」は冬季休業中、ゴルフ場、鬼押し出しも休業中でした。

JR万座鹿沢口駅近い「中居屋重兵衛」の生家・お墓・顕彰碑などを見て、子孫の経営する「中居屋」で昼食。2時。
白根や万座からのスキー客でイッパイです。

ここから30分の六合村赤岩地区へ。3時30分着。
観光客は・・もういません。ふれあいの家に駐車して・・・赤岩を散策。

ひときわ大きい三階建ての家の写真を撮っていたら、この家の奥さんが庭で蒟蒻をつくっていました。
しばし雑談・・関さんの家です・・・ご主人もあらわれて説明をきき家のなかを見せてもらう。

関さんの家 関さんの家西側から

三階建て はしごで二階へ登る


そと梯子から二階へ。当たり前ですが本物の養蚕道具があります。
蚕たなには、藁まぶしがあり中に繭もいます。

蚕棚 わら まぶし

三階も広い・・・。床に蚕をひろげたそうです。当時は四階も使っていたそうです。

三階も広い 屋根への梯子 三階


出梁からの景色は・・・下を見るのがこわいです。

出梁からの景色 こわい

関さんの作った、蓑を着せてもらう。
「みんな大喜びするよ」私も大喜びしました。

みの    あんだもの

箒なども作っているそうですが、ぜひ後々まで残してほしいですね。

先ほど庭で料理した蒟蒻の刺身をごちそうになる。
ありがとうございました。

八ツ場ダム
八ツ場ダムの橋はもうじきです。

関越道が渋滞らしいので赤城山南面を通り帰宅しました。

群馬の山々を踏破した一日でした。
走行距離380Km。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 浅間山 中居屋重兵衛 赤岩 重伝建

桐生明治館 足利織姫神社の紅葉

風のない日、最後の紅葉狩に。

桐生市相生町の「桐生明治館」へ。

我が家の嵯峨菊     太田藪塚の山は紅葉です     太田近郊の山

藪塚温泉から籾山峠を桐生にむかって車で走ると山も、ゴルフ場も、紅葉です。
  ・・これが錦繍・・・・。   ここが太田市か・・・・。


桐生に入ると・建設中の建物は?斎場から50号へでて122号そして相生町へ。



重要文化財「桐生明治館」は 明治11年群馬県衛生所として前橋に建設され、昭和3年、相生村に払い下げられ、昭和61年桐生明治館になりました。


桐生明治館   門   二階から

入場料を払って建物の二階へ。
 
横浜開港150周年 
  生糸直輸出の創始者  「新井 領一郎」展

看板     新井領一郎

桐生市黒保根町出身の星野長太郎の弟、新井領一郎は、兄の要請で明治9年20歳でアメリカにわたり生糸直輸出で大成功しました。孫娘はハル・ライシャワーさんです。
黒保根町歴史研究家の方の説明つきです。
別部屋ではタイプライターのコレクションも展示されています。

蓄音器   喫茶室   喫茶店


喫茶室で フランク・シナトラのホワイトクリスマスを蓄音器で聞きながら、アップルパイとコーヒーで優雅にティータイム。


足利市織姫神社へ。

道路から正面大鳥居   229段の石段を登る   昭和12年新社殿ができる

足利のシンボルの織姫神社、道路わきの駐車場から229段の石段を上る。
神社からの景色もいいですが、紅葉が・・・・素晴らしい。


まったく美しい   美しい   織姫神社の紅葉

全山が紅葉     なんと夢のような

今年一番の紅葉です。
紅葉に見惚れていたら、石段の蕎麦屋さんは閉店してしまいました。


石段では中学生達が階段登りの体育の運動中。周りの紅葉には目もくれず・・・若いネ君達。

この後、足利市立美術館で 「祈り」ー足利の絵馬と伝説の神仏たちー 
を見て帰宅しました。田崎草雲の絵馬もありました。

今日は、文化的で知的で、自然美を見ることができて・・・充実の一日でした。



テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 桐生明治館 足利 織姫神社の紅葉

南千住散歩 円通寺 千住製絨所跡  ねこ

孫を親元に送りに行きました。
9日間は…長かった。群馬歴史博物館に埴輪を見に行ったあとは、暑いし・・・で、家に。
歳をつくづく・・感じました。料理が得意なおばあちゃんは、本当にいるのかしら。

荒川区南千住に住んでいます。
高速は蓮田SAが、混んでいましたので、川口PAで休憩。十勝本舗の塩アイスがおいしい。
家の子猫が・・・・メチャクチャ可愛い。でも猫の写真は、難しいです。

ナナチャン     ナナチャン2


南千住界隈は、歩いたことがなかったのでお散歩。近所の曹洞宗 円通寺へ。
円通寺
お寺の建物?東京のお寺は、かわっていますね。お寺で荒川区の観光スポットのパンフをゲット。

慶応4年江戸城の無血開城後、旧幕臣達の彰義隊と新政府軍が上野寛永寺で戦をし、敗走した彰義隊戦死者266名の遺骸を、円通寺住職が火葬、埋葬し供養しました。
彰義隊の墓     大鳥圭介 追弔碑

まわりには、彰義隊関係者の追弔碑がならんでいます。大鳥圭介、榎本武楊、松平太郎等々。

黒門     弾痕
この縁で寛永寺の黒門が移築されたそうです。
門には、弾痕が無数残っています。通れるようには、なっていませんでした。

子育て地蔵     子育て地蔵尊
もうひとつ、昭和40年吉展ちゃんの遺体発見場所です。衝撃的な事件でした。合掌。



荒川スポーツセンター入口付近には、井上省三の銅像と顕彰碑があります。
銅像の台座の両側には羊、カワイイ。
井上省三     井上省三の銅像
井上省三は千住製絨所の初代所長です。
明治6年、ドイツに留学しラシャ製造所のカール・ウルブリヒト会社で3年間猛烈に勉強したそうで、睡眠時間は2時間だったそうです。昔、NHKで見た覚えが・・・・。
そして明治12年、羊毛製品の国産化をはかるため、日本初の官営羊毛工場が設立されました。
羅紗ラシャです。

碑     碑文
でも無理がたたったせいか、42歳結核で死んでしまいました。

荒川工業高校の西側には、当時の名残が・・・・・レンガ塀。
長い塀     レンガ塀
思っていたより、状態がよく保存されています。それに、長~いです。

        レンガ         レンガの塀
 

当時は田畑の中に突然あらわれた洋風レンガ造りのモダンな、超ハイテク大工場だったようです。

通用門?     崩れた塀の中身
崩れた塀の中から昔のイギリス積レンガが見えます。

長ーい塀       レンガ塀



震災、戦災とくぐり抜けたのに、戦後は、大毎オリオンズの野球場になり、今は高校に変わりました。

でも、よく残しました、荒川区。

芭蕉旅立ちの地、千住大橋は車からながめ、見物は、この次にしました。









テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

tag : 南千住 彰義隊 千住製絨所

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク