連休の宿

連休に入りました。
明日からの宿を検討しメールで予約、いつもは、行き当たりばったりで泊まりますが、連休ではかつて、盛岡で宿がなくて苦労した苦い経験がありますので。ラブホもいっぱいで、駅前のこきたない連れ込み宿に泊まりました。マア、これも貴重な経験ですか。
1日は須賀川のボタン園を見、二本松城、花見山、福島の飯坂温泉泊。
たった一軒だけの空室ありをとれました。源泉かけ流しの宿。ネットで宿のホームページを見るだけでも古う。。。。
2日は、鶴岡へ。羽黒山、酒田、象潟をまわり湯野浜温泉泊。
夕日の見える宿なので天気の良いことを祈ります。ここは楽しみにしています。
3日は新潟方面が、どこもとれません。山形からゆっくりと帰ってくるしかなさそうです。

デジカメは、2、3日かけて、市内の店を回りましたが、近所のK店で。今持っているものの、最新版。変えることがいやな、できない世代だと、カメラひとつのことでも確認しました。
長岡がとれました。シングル二人仕様10000円。よかった。
スポンサーサイト

テーマ : 連休に突入
ジャンル : 日記

2006桜紀行Ⅵ 三春の滝桜  幹部交番

福島県三春町:三春の滝桜 4月26日
今日は福島市の花見山公園に行く予定で、東北道に乗ると空いています。安積PAで、喜多方ラーメンを食べ(麺の玉がほぐれていなかった、510円)て、突如行く先を変更、三春も空いているのではと思い、郡山JCTで磐越自動車道に。船引三春ICから10分もしないで
駐車場へスイスイと、駐車料500円。滝桜の維持とのことで新しい協力金が出来ていて栞をくれて、500円、あわせて1000円。入り口でいちいち説明して徴収しているのですが、入園料にすればどうかしら。駐車場が混む基になっています。
P1040894.jpg

満開でした。青空ではありませんでしたが、我慢どころでしょうか。朝が、いいとはわかっていますが早起きは、苦手ですので、写真の色に拘らなければ午後の方が空いていますしね。
旅物語、トラピックスなどの団体もいました。クラブツーリズムが見えない。必ずいるのに、もう帰ったのかしら。周りの道もきれいになりました。冬に雪の重みで上のほうの枝が折れてしまったようで、少々寂しいかも。でも、やはり、日本一の桜です。お土産は清酒「三春駒」1000円。桜ソフト 300円。 
ここも、4度目。一度は大渋滞で、駐車場に入れず、三春の町へ行きましたがここも、いっぱい。でも高速の側のしだれ桜を見つけたり、他にも綺麗なしだれ桜が、いっぱいありました。やっぱり観光は平日ですね。でも、お休みは水曜日か、土、日。
帰り道に、「小沢の桜」の看板につられて船引町へ。まだか、まだか。ありました、ちょっとはやいようでした、残念。来週がよさそう。
P1040916.jpg

「はつ恋」という映画のロケ地だそうです。ソメイヨシノのですが98年たつそうで、みごとです。場所ですよね、桜のある場所が絵のようだと人気がでます。「願いの桜」で売りだしたいようです。この町にも、あちこちに綺麗な桜があるようですが、4時も過ぎたので車中から。
船引町で、幹部交番を見つけました。警部がつめているそうですが、実物?をはじめてみました。またまた、新発見です。のぞきには、いけませんでした。
佐野SAで夕食。佐野角煮ラーメン、880円。餃子350円。買い物、那須の月1個120円。たこの塩辛 735円。野沢菜蒲鉾 525円。 
本日の走行距離462km。
*そうだ、三春でデジカメを落としてしまいました。舗装路でしたので、レンズ(ズーム部分)が曲がり蓋が閉まらなくなってしまった。エーイ、力技で元通りに?。壊れてしまったのか?やはり、買い換えの運命だったのか。悩みの日が続きそうな・・・・・・。連休はすぐ・・・。

テーマ :
ジャンル : 写真

2006桜紀行Ⅴ 妙義山

群馬県下仁田町:妙義桜の里 4月22日
P1040124.jpg

日本三奇勝の一つ妙義山。さくらの里は、昭和58年に開園したので今見ごろです。桜の里近くに路駐の車が4、5台、ここが、よく雑誌の写真に出てくる場所。八重桜のころ、さくらの里の中に入ったことがありますが、桜の下に入ると見上げなくては妙義がみえません。ここなら全体が、しかっりとみえ、凄い!クリックして、大きく見てね。駐車所はいっぱいで、今回は、はいりませんでした。
妙義町のふるさと美術館:300円。ここは、展望台で写生ができますし妙義をみるには素晴らしい。妙義山の絵だけの美術館です。展望台までは螺旋階段なので、足腰の強いうちに行きましょう。これなら、ピサの斜塔にのぼれたかも。
P1040117.jpg

P1040116.jpg

ロビーの外の椅子に座り、ゆっくりとホトトギスの声をきく、至福の一時です。なにしろ、空いていますので我が家気分です。
妙義神社:塗りなおして綺麗になったというので参拝。階段に挑戦しました。杉の大木の根のために階段は盛り上がりうねっています。
20070417213354.jpg

疲れる。心臓が、バクバク。急な階段でした。近そうにみえたのに。今日は、目は楽しみ、体は運動の日でした。お昼は、道の駅しもにたで、こんにゃく定食、1500円。高すぎます。神津牧場のソフト、300円。おいしかったです。色々な種類の桜があるので、まだまだたのしめそうです。上信越道、妙義松井田ICから降りるのがおすすめです。まずは、妙義神社へお参りを。

テーマ :
ジャンル : 写真

2006桜紀行Ⅳ 高遠

長野県高遠町:高遠城址公園 4月19日
高遠に、行ってきました。曇り空でしたのに・・・・この間の奇跡が、お昼を姨捨SAで食べていると(三味そば・860円)日がさし始めました。2時頃高遠に、駐車場がわからず、バスについていくと北口駐車場にすんなりと。700円。今日は高速も空いていたし、いいことが、あ、青空がでてきました。満開です。入園観覧券500円。
P1040054.jpg

前に来たときは、タカトウコヒガンサクラの花の色が濃い赤みをおびたピンクでした。今日はほんわかピンク。その年、その日、時間によって色が違いますね。ヘリコプターは飛ぶは、人は多いわで、酔いごごち。高遠は、桜が多すぎてどこから撮ると高遠らしいか困りものです。橋をいれるのが、ベストかしら。あとは、近所の小高いところから、全体が入る場所、それが、どこかわかりませんでした。
新しく出来た美術館へ、400円。入ったとたんに目にはいる、桜。
今、窓からの景色を絵のように見せている美術館などがありますが、桜は素敵ですね。
20070417212640.jpg


清酒真澄と仙醸をお土産に購入し、桜ソフトを食べてみました。ソフト300円。おいしかったです。本日の走行距離、559km。

テーマ :
ジャンル : 写真

2006桜紀行Ⅲ 大戸の桜 笠間稲荷 さざれ石

茨城県茨城町:大戸の桜(国指定天然記念物)4月15日
樹齢500年の大戸の桜。水戸黄門も鑑賞したと言われ、大正時代には枝も千平方メートルといわれたそうですが、今はチョット。満開は過ぎてしまいましたが、まだ咲いていました。2年前の時よりは、良かったです。桜の満開の時に会うのは本当に難しいです。
P1040006.jpg

写真をクリックしてもらうと分かりますが(見ずらいかも)主幹はもうなくて、支幹2本に花が咲いています。
笠間稲荷にお参り。新しくなっていました。重要文化財の本殿には素晴らしい彫刻があります。でも拝殿からしか「3頭8方睨みの龍」が見られません。おかしいのでは。美術館、300円。少し高い。さざれ石をはじめてみました。「君が代」に出てくる・・・さざれ石の巌となりて苔のむすまで・・・のさざれ石です。これが、とジックリ見てしまいました。神社にあるのね・・・・。調べるとあちこちにあるらしい。訪ね歩く楽しみが、ふえました。苔むしたのもあるらしいです。
P1040016.jpg

笠間焼きのご飯茶碗2個、桜の花びらの形の中皿、3点2200円。清酒松緑の、ふなくち生酒720ml 1500円。歌舞伎の隈取柄の松緑180ml 500円。
わに塚の桜に似ている桜を見つけました。磯部桜川公園の側です。
P1040039.jpg


「常よりも春辺になれば桜川 花の波こそ間なく寄すらめ」(紀貫之)
と読まれた桜川は、種類によっては、終わりに、限りなく近い。
20070417213654.jpg


本日の走行距離、288km。お昼は友部SAで「偕楽の里」。「五色納豆丼」には、挑戦しませんでした。納豆とマグロをかき混ぜて食べるのは・・・・。

テーマ :
ジャンル : 写真

2006桜紀行Ⅱ わに塚・山高神代桜

山梨県韮崎市:わに塚の桜 4月12日
P1030873.jpg

午後から天気も良くなるのでは、と思い、出かけました。お昼を中央自動車道の双葉SAで食べていると、お日様が。急いで食べたビーフシチューオムライス、おいしかった。980円。 武田神社近くの小高い古墳の上に、さいていました。満開。南アルプスを背景に、とにかく写真栄えします。3回目ですが中々青空にぶつかりません。道は確実によくなっています。

山梨県北杜市武川町:山高神代桜(国指定天然記念物)
20070417213826.jpg


急いで武川町の実相寺へ。30分弱。カーナビは、本当に便利、感謝の発明です。目の前の駐車場にはいれました。500円。満開です。青空に白い雲、来てよかった。駒ケ岳は見えません。残念。屋根のようなものが被せてありましたが、暑さで蒸れるので、はずしたとか。それと、石垣の上にきつそうに咲いていましたが、側の道路をつぶして、根を傷めないようにしたようです。有名になると、人が来る車が来るので早目に措置をしないと樹齢2000年と言われる桜が、枯れてしまいますものね。根元が13メートルもある、日本一のさくらです。今日は人出も少ないし、ハッピー!
ここも、3度目です。いつまでも、咲き続けてほしい。

北杜市小淵沢町:神田の大糸桜
P1030909.jpg

まだ、咲いていないとは、思いましたが蕾でした。小淵沢は標高がたかいので、花はまだ、春はこれから。
思い切ってでてよかった一日でした。走行距離412km。すこし疲れました

テーマ :
ジャンル : 写真

イタリア旅行 ヴァチカン博物館

3月20日
朝8時ホテルを出発。ヴァチカン美術館の入り口が見えないほど、人が並んでいました。ドンドン後ろに列ができ物売りや物乞いまでいます。45分の開館まで待つと思いのほか早く入り口に。セキュリティ・チェックはどこでもやっています。人人人・・・・・。ショップで昨日のおじさんが延々と説明。トイレはここしかないとかで、半数がいきました。無料。並んでいました。これからが、駆け足の見物で、今でもラオコーンの像をみていないのではないか、なにしろ覚えていないのです。エジプト美術館は入り口だけ。いつのまにか、タペストリー、地図のギャラリーに。前がつかえて小休止。天井に見とれていると、ラファエロの間に。人がいても写真もとれるしで、凄い。本で見るより本物を。

P1030723.jpg

システィーナ礼拝堂、これは一度はみなくては。オペラグラスは必携です。壁際の台?に腰掛けてゆっくりと鑑賞。ツアーの方達は私が年上なので、ちゃんと席をゆずってくれます。歳相応になるのもいいものですね。このあとはサン・ピエトロ大聖堂。ピエタはガラス張りのなかにいました。堂内は山ほどみるものがありました。

P1030767.jpg

11使徒も曇り空に私たちを見守っていました。スイス兵もいました。さすが、大きい、というのが感想です。サンタンジェロ城を見れなかったのは、いまでも残念です。みたかった。

お昼は日本料理の店六甲。久しぶりの酢の物がおいしかった。
自由行動はまず、スペイン広場へ。教会は工事中。(3月22日を見て)これはイタリア中というか日本でも仕方ないかな。あいかわらずの人ごみです。無理やり写真を撮り、お土産を買うために、あちこち歩き疲れて三越まで行くのも億劫で、ホテルに戻りました。探し物はそばにありという青い鳥伝説です。ホテルの前のバルベリーニ広場の近所にお店スーパー?がありました。これで安心です。お土産は買うほうは大変ですけれど、貰う時はさほどありがたくないのよね。124,9ユーロ。カードで買うとパスポートを見せて?暗証番号は?などと聞かれて、焦ってしまいました。セーターを捲り上げてパスポートをだすと、レジのお姉さん達はオー!私たちが買いすぎたのか、怪しげな東洋人と見られたか。今まであちこちの国でカードを使いましたが初めての経験です。
ホテルの隣のバルベリーニ宮殿へ。美術館は、休館。入り口が有名なので(ローマの休日)写真を撮る。
P1030785.jpg


ヴェネト通りに骸骨寺があり覗いてびっくり。気持ち悪い、うなされそう。すごいわよと言われて見に行ったのですが、凄いという意味が。旅の話題にはいいのでは。是非見に行ってください。サンタ・マリア・インマコラータ・コンチェツィオーネ教会。本当に一度はみるべきです。4000体の骸骨ですよ。

夕食を早く食べたいと思っていても7時過ぎないとお店が開きません。6時でも開いていた、骸骨寺の前の舗道のガラス張りのお店に。ここがおいしい。今までで、一番! 暮れゆくローマの町、通り過ぎる車のランプ、いいですねえ。最後に頼んだティラミスがオイシーイ!!大きくて食べきれないと思っていたらペロリと食べてしまいました。RISTRANTE・CIAO・BELLA。日本語メニューもあります。Secondoなし、ワインをかなりで二人で67ユーロ。日本でカードの請求書は10616円。フラリと入ってもおいしい、さすがイタリア。

P1030790.jpg

ホテルでゆっくりお風呂(バスではなくて)にはいりました。 テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行 ローマ

3月19日
いよいよ旅も終わりに近づきました。オルヴィエートをみてローマへ。オルヴィエートは丘の上の城塞都市。フニクラーレと呼ばれるケーブルカーで上へ、さらにミニバスで街中へ。ドゥオーモのファサードは金色に輝いていました。中の壁画も有名なのですが、地元の案内人は奇跡の布の方の説明をしていました。異教徒(日本人は仏教徒)は、ほんとかいな、というところ。陶器の産地らしく色とりどりの陶器が飾られていて、そのほうに異国情緒がありました。P1030669.jpg

雨も上がり1時間30分くらいでローマへ。ウンブリア地方の景色は、さて、富良野?お昼は、ピッツァを食べてコロッセオ。案内のおじさん(私よりは年下かも)の名調子ですが駆け足観光で疲れる。骨格だけ残っているのは、前に行ったギリシャと同じでかつての栄光の跡はさびしい。トレヴィの泉、真実の口をまわってホテルへ。真実の口は疲れていたのでバスの中。30分以上ならび写真を撮るだけです。今年札幌の雪祭りで、雪の真実の口に手を入れたので、よしとしました。ホテルは5つ星、ベルニーニ・ブリストル。夜は、どこのツアーもそうだと思いますが、カンツォーネを聴く夕食でした。オペラの曲が多かったので楽しく本職は歌劇団では?などと、みんなで囁きました。ここでも、何組か日本の団体がいました。日本は、今年は、イタリアとモーツアルト関連旅行が多いようですね。9時30分ホテル着。この日はつかれて、風呂にもはいらずに、寝ました。本当につかれた・・・・。
20070417212625.jpg

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行 ピサ

3月18日
朝、フィレンツェを出ようとしたら青い車が道をふさいで警察がレッカー移動しました。ホテルが近所にもあるらしくバスが4台くらい立ち往生です。片側は駐車場がわりですから狭い。P1030566.jpg
ピサへ。ここで、ツアーからはなれました。斜塔はくたびれそうなので登りませんでした。ドゥオーモ、洗礼堂、カンポサントを見学。個人では、切符を買うのもドキドキです。スリーポイント、ツー、3個所二人で16ユーロ。馬車にも乗りました。歩きつかれた時は、馬車ですよね。飛騨の高山では女の子の人力車に乗りました。イタリア語で、街の説明をしてくれましたが、サッパリわかりませんでした。ガリレオ・ガリレーの家かな?わかったのは。言葉がわかればなぁ。30ユーロ。コートも買いました。前に話したファスナーの壊れていたコート。日本でも寒いのでチョクチョクきています。値段はあえて、いいません。カッコイイヨとみんなは、ほめてくれます。イタリアで買ったけれど、イタリア製ではありません。MADE IN P.R.C.

P1030620.jpg
ピサは1ヶ所にしか観光客がいないし、大学の町なので、若い人がいっぱい。車もね。
P1030607.jpg
従兄弟の家でおいしいイタリア料理を食べて、ピサの駅からフェレンツェへ。列車にも落書きが。消す努力をしていませんね。それと、切符を買うのは難しい。能率よく早くとはかんがえていないようです。
FH000020.jpg

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行 ウッフィッツィ美術館

3月17日
いよいよウッフィッツィ美術館。老人にはエレベーターがあると聞いて突如老人組に。疲れていますので。まずは、ジオット、人がいっぱいでイヤホンの調節をしていると、ガイドさんは隣室へ。はやい・・・。祭壇画をゆっくりとなどは、到底無理です。ウルビーノ公爵夫妻、凛とした絵です。フィリッポ・リッピの聖母子、やさしい、おだやか。あ、皆さんどこへ。そして、ボッティチェッリの部屋。1部屋全部ボッティチェッリ。圧巻です。こんでいても、ゆっくりみました。ガイドさんもこころえています。つぎは、ダ・ヴィンチ。次はミケランジェロ。そしてラファエロ「ヒワの聖母」あれ、おかしい、修復中で、模写でした。がっかり。ティツィアーノ、などなど、つかれた。一度ではとても全部みられません。ガイドさんがここで、「30分後に出口で会いましょう。」元に戻って見るのも疲れるので、テラスでお茶を、でも時間がないし寒いので写真だけ。ツアーではゆっくりみられません。出口に向うとカラヴァッジョ、まだある。次期特別展のダ・ヴィンチのデッサンがいくつかありました。出口まで歩く、歩く。そして、出口には、お土産やさん。買いますよね。でもバス乗り場まで、まだ歩かなくては。

20070417212535.jpg

ウッフィッツィの廊下からヴァザーリの回廊をみる。ここだけ、写真がとれます。側に回廊に行く階段があります。6時にホテルクラフト着。7時から食事、ビステッカ・フィオレンティーナ、おいしくない。

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

イタリア旅行 フィレンツェ

3月17日
8時ヴェネチアを出発。3時間以上かかりフィレンツェへ。お昼は中華料理。中華は安いと聞いていましたが、すごい量でした。フィレンツェのミケランジェロ広場。絵のようなというか誰でも絵葉書のような写真がとれます。P1030521.jpg

街にバスが入れないので歩く、歩く、駐車中の車、人の波を避けながらテクテクあるく。やっとドゥオーモ。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。大きい、近すぎて写真が撮れない。
20070417212553.jpg


ウフィッツィ美術館は予約制なので、30分くらい、シニョーリア広場の彫刻を鑑賞。
ネプチューンの噴水です。本物、レプリカ、銅像、ダビデまでありすぎです。サヴォナローラの碑を見つけられない。
20070417212608.jpg

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

2006桜紀行Ⅰ 高麗神社の桜

埼玉県日高市・高麗神社
日曜日に今年初めての桜の花見に行ってきました。高麗神社は静かな所で、神社には休み所があり、トイレもきれいです。駐車場もできたばかりで、これから売り出すというかんじです。隣の国指定重要文化財の高麗家住宅の側にしだれ桜が、あります。境内にも300年のひがん桜もあり、多くの人がきていました。満開でした。今にも雨が降りそうでしたが、近所の食堂で昼食をとるまでなんとかもったので、ゆっくりと花見ができました。天ぷら定食、1000円。P1030826.jpg

日本の花は美しい。

テーマ :
ジャンル : 写真

イタリア旅行二日目  ヴェネチア

3月16日
P1030505.jpg

大事なものを、忘れました。時計です。ツアーには必需品ですよね。ミラノで困ってしまったので時計を買うことに。ヴェネチアガラスの時計をミラノで買ってしまいました。ヴェネチアのほうが安かったらどうしましょう。でも、必要ですので買いました。50ユーロ。
午前中はサンマルコ寺院などを見物。
ヴェネチアの街は、映画「旅情」よりもよかったです。今までの旅行地の中でも一番かしら。道が迷路のようでいて標識がみやすい。車がないので散策に、むいています。ゴンドラも気分がゆっくりします。でも夏は水が匂わないのかしら。あついらしですよ。ドゥカーレ宮の「天国」や回廊、権力財力の力はすごい。有翼の獅子像もみつけました。
自由時間にサンマルコ寺院の鐘楼に登り、上から見ると(エレベーターで上までいけます)、島が街になっているのがわかります。P1030479.jpg


でも、吹きさらしで寒い。さむ・・・・・。トイレにいきたい、これが大変。公共有料トイレがすくない。探して探して細い路地を、WCの矢印を見つけてから、さらにあちこちと。知らず知らずにヴェネチアの街見物です。やっとみつけました。60セント。中はきれいでお掃除をまめにしているようです。P1030494.jpg
便座のないトイレもありました。日本人はトイレには、うるさいのでホテルの自室まで戻った人もいたようです。バールの中のトイレも有料でした。レストランの中、美術館、観光地などでは数がすくないです。イタリアはトイレが近い人、下痢には気をつけましょう。お土産はムラーノで一輪挿しとヴェネチアンレース。高い。でも皆さん買っていました。景気はよくなっています。ホテルは5つ星のバウアーでした。ここは、サンマルコ広場に近くて便利です。自由時間のあるツアーは、街中のホテルをとっているツアーがおすすめです。今までの経験からこれは絶対条件です。お昼はイカ墨、おいしい。夕食はフリーなので添乗員さんお勧めの店へ。シーフード。鱸をオーブンで焼いて目の前でさばいて骨をはずして白身だけにする。面白い、でも骨は残っていました。45ユーロ。

テーマ : ★イタリア旅行★
ジャンル : 旅行

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク