東毛歴史資料館 長楽寺

新田氏関連で東毛歴史資料館へ。
P1010947.jpg

ここも秋。
P1010949.jpg

新田義貞の像を見ながら、太田広報にのっていた特別展示「中島飛行機の創設と発展」をみに。200円。
ナ、ナ、なんとロビーのコーナーの一角に模型飛行機とパネルのみ。
お客は他になし。広報に載せるならもっとチャントせい!なにしろ貸切だから、聞こえるのは館員達のけたたましい笑い声。市民がいるのだぞ!真面目に仕事をしているふり!をしなさい。
怒りとあきれかえって、常設展示をゆ~くりと見学。これは、また良しかな?。鷹匠埴輪、天海僧正像をじっくりと・・・・。
隣の東照宮、そして長楽寺へ。本堂は新築したのか・・。チョットガッカリ。

煙が・・・。  P1010982.jpg

久しぶりの落ち葉たき。やはり秋の風物。煙が目にしみる。


黄金の飴、ではない雨が・・・。連想ゲーム・・・クリムトの「ダナエ」を・・・。両方とも官能的・・。
パソコンの背景に設定。すばらしい。

P1010965.jpg    P1010955.jpg


太鼓門が、美しい。


中島知久平関連で銅像のある尾島支所へ。
P1010994.jpg

ここは、おしゃれな落葉松がよし。秋はやはり美しい。
スポンサーサイト

紅葉の金竜寺

暖かな小春日和。
太田市金山、金竜寺へ。毎年秋の紅葉を楽しみに訪ねています。
P1010933.jpg

今年は・・・・。
P1010931.jpg    P1010918.jpg

2、3日後が、ピッタリ?
自分の写真が撮れないのが残念。またまた、鍔のふかい帽子に。
顔に紅葉が・・・とは思えませんよね。社会保険事務所、市役所と行きインドカレーの店で昼食。ここで弱気が。暗い席を選んでしまいました。ランチ1000円。おいしいなア。
ついでに、近所の小さな秋の旅へ。



テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

茂林寺

秋も深まると言うより冬の到来のようです。寒い。
寒がりなので、部屋にはストーブ、コタツとフル稼働。灯油を注文、1かん1404円で3かん4212円。高い。でも、買いに行くのは面倒だし・・・。
顔もまだまだ赤いのですが、18日チョットおでかけ。

P1010851.jpg

館林の茂林寺へ。狸の分福茶釜のお寺です。

ぶんぶく茶釜
巌谷小波作

ブンブクブンブク音がする
夜なかに何だか音がする
屑やもむくむく起きだして
のぞいて見たらおどろいた

見れば狸にちがいない
さては化けたなこいつめと
うとうとしたらこれ待った
わたしやわるさはいたしません

かわりにいろんな芸をして
お目にかけますこの通り
たたく尾太鼓腹つづみ
屑やもかんしんするばかり

今もなだかい茂林寺の
文福茶釜のおはなしは
だれも知らないものはない
だれも知らないものはない

今は曲も、話も知らない人のほうが多いと思います。境内に歌碑があるのですが・・・・。多くの可愛い狸が迎えてくれる参道がコンクリートで・・。車椅子用のため?
真ん中が盛り上がり両端は下り坂になっているので転ばないように気をつけないと。かえって、危ないのでは。
山門、本堂と萱葺き屋根の趣のあるお寺なのに、なぜ・・・。

今日は、事故以来初めて自転車に乗りました。
黒い帽子を目深に被り、マスクを・・・・これでは、怪しい人。帽子だけにすることに。
緊張!ハンドルをシッカリにぎり、事故現場をゆっくりと、通り過ぎる。
無事、ユニーへ。
鍔の大き目の帽子を買おうとしましたが、・・鏡を見ると・・・。やめました。
人の視線は無視。でも気になる。お店の人が来ると逃げる。
何も買わず・・・。
まだまだ人間ができていない・・・・。

tag : 分福茶釜

マリー・アントワネット

昨日の続き
久しぶりのお化粧がはがれ始め、顔を洗う。当分の間、お化粧はしない!
旧姓で呼ばれるなつかしの友。でも・・・もっと・・・いい時に会いたかったわ。

ミュージカルは、何年ぶりでしょうか。
遠藤周作原作なので少し神学的観念的か、又はベルバラ風かと思っていたら・・・。わかりきったストーリーを感動的に作ってありました。

高嶋政宏、山口祐一郎がよかった。

S席13000円 A席8000円 B席4000円
値段が高すぎるのではないか、と思うのですが。
この月の歌舞伎は18000円。

チケットが高すぎる!女性用トイレも少ない!一階は前席のひとの頭がじゃまで舞台が見えない!休憩時間を一時間に!全館禁煙反対!

出光美術館 

11月12日帝劇「マリー・アントワネット」
高校の同窓会の催しで観劇会に行ってきました。
顔に膏薬絆創膏では行きたくなかったのですが、土曜日にこれで終わりましょうと医師にいわれました。エキザルベをつけたら、化粧できると薬局の人に励まされ朝オソルオソル化粧。赤い頬も肌色に。いいかな。

一時間早くついたので自由行動。その日は木枯らしの吹くさむーい日。
隣の出光美術館へ、1000円。
ここは10月に読売新聞のチケットプレゼントに応募したのに返事がない。5組本当にあたった人がいるのかなァ。


野々村仁清、柿右衛門、乾山、宗達、古九谷、蕪村、芭蕉・・・・・。
凄い。ルオーまで・・・。えらびぬかれた逸品、

自分でやるとわかるけれど、軽やかな筆ずかいは難しいです。なにげなく・・というのが。職人ではないな。
日用使いではなく、飾っておいたのかな?一つ一つの作品が歴代の権力、財力のある人たちの間を、いったりきたり・・・。暗躍する美術商、想像すると面白い。でも、購入した人は手で触りながら、自分に満足しながら、ニッコリ。

皇居の緑をみながらユックリと・・・。おこぼれで、至福の時・・・。
このまま帰ってもいい・・と思った。
お土産はクリップを2個。一つ200円。

夜の菊鑑賞

関東菊花大会 大光院
夜のお散歩を再開しました。20時前後に近所の八瀬川を一周すると30分くらいです。顔にはまだ半面に大きな絆創膏が貼ってあるので夜にお散歩です。舗装もよくできているので、歩きやすい。大光院の菊花大会が夜も見られるとの情報を得て足をのばしてみました。人はチラホラ。・・・そして誰もいなくなった。
P1010713.jpg

暗い・・・。眼でみるには支障なし。

P1010709.jpg

記念写真用コーナーもありました。埼玉国体の時の孫の菊だとか。昼間は七五三で大賑わいでしょう。

P1010702.jpg

これが、内閣総理大臣賞の作品。一本の茎からこれだけ咲かせるのだから凄い。

建物や、銀杏、松などもライトアップすればいいのに・・。
はじめての、夜菊はゆっくりして、静かでとてもよかったです。
毎日、膏薬を替えに医者かよいなので気分転換になりました。

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

自爆事故

11月2日 自転車で自爆事故を、おこしました。

9時今日は会社を休みたいと思いながら自転車に乗り1分、前籠に入れたハンドバックをなぜか!、さわり、右手片手運転したらヨロヨロとよろけてブロックの倉庫に顔からぶつかってしまいました。イタ!
左の顔を抑えたら血が・・・・・。家に帰り消毒をしても止まらず、医者に・・・。総合病院では混む・・。近所、いきつけ、皆休診。
初めての皮膚科へ。30分も待たされて・・・。受付の人が『痛いですか?」「はーい。」・・「出血しているのが見えないのか」とは言えません。この後すぐに見てくれました。こういう時は、外科なのか?擦り傷がひどい、1週間かかるといわれて、まあホットしました。1180円。ソフラチュール等350円。この先生のブログを見て、・・面白い先生なのね。

ところが翌日おきたら目が腫れて・・・・。顔がふくれ・・・。しかも3日は休日。冷やしながら変わり行くわが顔を凝視する。ウエーン。

4日8時半、近所の総合病院へ。受付の婦長さんも我が顔をみると、ひどいね・・・・・。

脳神経外科と眼科を受診することに。脳のCT、眼の検査が終わったのは12時でした。疲れた・・・・。

でも、異常なしでした。何科の医者にかかるのがベストなのかわからない時は初めから総合病院に来ればよかったのだな。でも、今は紹介状を持参しないと最後に診療するので待たせれるのだ。
病院の人人・・健康な時には気がつかないけれど、病気になるともっともっと医師が必要なことがわかります。患者が多すぎる。税金を使っても文句は言わない。医療に税金を!

脳外科4010円。眼科1390円。
ところで、病院では眼の周りが赤くはれ、顔半分がガーゼで覆われたいるので、お医者さん(両科とも女医さん)看護士さんたちに同情され少し気分もはれました。物が二重のみえたら一大事だとか。あとの傷は、皮膚科へ行こう。まだまだ、チクチク痛い。

明日は孫の七五三。欠席です。

12日はお芝居鑑賞なのに・・。これも欠席かな・・・。

今年は病気続きです。61歳のお誕生日には厄除け大師にいかなくては。
怪我の顔写真は撮れません。やっぱり顔はね。記念には・・・。
プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク