スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足利名草巨石群、行道山浄因寺

今日は今年最後の夏日。

足利の名草巨石群へ。
カーナビは、まつだ湖経由なので、まつだ湖へ寄る。

松田川ダムは1995年完成の新しいダムです。
新しい・・・という事は・・良く整備されています。
ダムの下はオートキャンプ場で、子供も遊べる小川くらいの水量です。
真下までいけるのには、ビックリ!
まつだ湖では4種類の噴水ショーが。

damu       matuda



名草巨石群へ。

林道は落石、倒木ありの、恐ろしい道です。カーナビのおばかさん!
こんな道に駐車中の車が・・。山菜採り?○○遺棄?○○捨て?
対向車があったらどうしよう。一台も対向車はありませんでした。


名草の巨石群のすぐそばにでました。

名草      名草2


  

あらい節理をもった粗粒の花崗岩が節理にそって玉ねぎ状に風化し次いで水に洗われた結果節理間の核心部が球状に残留し巨岩の累積した形になったものである



意味がわからん。
10万年の歳月をかけて今の姿になった自然の不思議。
名草弁天の奥の院が巨石群なので、下に降りると社殿らしい。
下の赤鳥居から登った方が、アリガタミがありそうです。


行道山にも、行こう。


その前に昼食を。
行道山に行く途中にある月谷町の大正庵へ。1時半。

外観       大正庵


素晴らしい庭です。池が座敷の下まであり大鯉が悠々と泳いでいました。亀も甲羅干し。

亀       和定食


秋限定ランチ、1300円。そば白玉ぜんざいもたべてしまいました。
太田の大正庵は親戚だそうです。
クレーンが部屋から見えますが・・目の前には工事中の北関東道が・・・。開通はマダマダ先ですね。


行道山浄因寺へ。


参道       行道山参道

      

713年行基上人の開創。関東の高野山といわれています。立石寺みたい・・・・。深山幽谷です。


秋海棠      清心亭


駐車場から0・2km。急な登りで・・息が苦しい・・。
秋海棠の花と石仏が迎えてくれます。
浄因寺にヤット着きました。

巨石の上に建つ清心亭は葛飾北斎の「雲の架け橋」と描かれるほどの名所。今日は通行止め、先日も拝見できなっかたので残念。

少し登った所がビュウポイントです。
秋の紅葉が有名です。

遠望


足利は山深いと思った一日でした。
スポンサーサイト

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

萩の寺を訪ねて

萩の寺を訪ねてみました。

地元太田市の受楽寺。

受楽寺        受楽寺の萩


昔は太田駅前にあり、山門だけが空襲(モチロン私は生まれていませんでした)から焼け残りました。昭和3、40年ごろに現在地金山町に移り、久しぶりにゆっくりと参拝。
門の工事中で草むしり中の住職と会談。去年の萩は下まで垂れていたそうで、今年はね・・。との事。


足利市江川町の吉祥寺へ。
あじさい寺で有名ですが・・・。萩は建物の奥にチョッピリ。

吉祥寺       吉祥寺地蔵



佐野市に近い足利市寺岡町の元三大師。
旗川にそう厄除け薬師さまですが、道路が狭い!
満開!モットふやしているようですね。

元三大師3

元三大師       元三大師2



群馬県邑楽郡板倉町のコスモスを見に行こう。

途中で三洋電機跡にオープンしたカインズホームに。
花が少ない!

道の土手にヒガンバナがさいています。
土手       ヒガンバナ


板倉町、雷電神社へ。
昔は伊奈良沼とよばれたそうですが、昭和の干拓で今は水郷風景などありません。
雷電神社       彫り物


天保6年、石原常八のよる華麗な彫り物の社殿です。

八幡宮


国指定重文の八幡宮稲荷神社。
室町時代の二間社入母屋造りで、屋根の曲線が美しい。

なまずの天ぷらで昼食。


コスモス畑はどうかな・・・。早かった・・・。

広い。

こすもす        コスモス

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

ヒガンバナを探してサクラに出会う

きょうも暑いですネ。
今日の上毛新聞に早川渕のヒガンバナが満開、の記事をみてお出かけ。

まずは、館林市つつじが岡第二公園の「旧秋元別邸」のヒガンバナ
少ない・・。でもカメラマンはいました。

桜がさいています。

10月桜      桜花


サクラさ~ん、お久しぶりです。
あまりの暑さに狂い咲き、ではなくて、10月さくらです。
秋から咲くのは冬桜と呼ばれている桜では?。春も咲くはず・・。
秋元邸にいた人の話では2月ごろまで咲いて春は咲かない!と。
時々チェックしなくては。

さくら

さびしい桜ですが冬も咲き続けるのはケナゲ!


つつじが岡パークイン前のひまわりとラベンダー。
少しずついろんな種類がさいています。

ひまわり       ラベンダー



大谷町関東学園そばの、蕎麦「山都(やまと)」でお昼。天丼が おいしい。



伊勢崎市境三ツ木の「早川渕の彼岸花の里」へ。

ヒガンバナが10万本?さいています。
ここは太田の住民グループが管理しているとか。

ひがんばな1      ひがんばな2

ひがんばな3      ひがんばな4

17日は半分も咲いていなかったのに・・・。
今日は満開です、とボランティアのおじさん。
ごくろうさま。

新田町のコスモスはマダマダです。東京からの観光バスが一台いました。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : ヒガンバナ

ソバ畑 渋川市御幸田

渋川市御幸田のソバの花。
今日の新聞に写真が出たので即、行きました。

花アップ


北海道の富良野のようです。

森ばっく      町


山の斜面が・・・・白い蕎麦の花です。

水沢山


榛名水沢山。

コスモス      ひがんばな

コスモス、彼岸花も咲いています。
30日は「そば祭り」があるそうです。

そば屋で昼食。御幸田の蕎麦ではないそうです。


近所めぐりを。
吉岡町の馬場重久の墓を見学。
馬場重久

馬場重久は江戸時代の人で1712年わが国初めての蚕飼育の手引書「蚕養育手鑑」を書きました。

蚕関連で「群馬県立 日本絹の里」へ。
絹の里       本

絹に関係のある本が集められて,「文学でシルクを旅する」。

*水上 勉「湖の琴」-- 琴糸、三味線の糸取りをしている主人公たちから、糸の作り方に興味をもちました。余呉の湖に沈む二人・・・。
*森 敦「月山」-- 蚕と関連が・・・・、ありました。「カイコは天の虫いうの。・・・・繭の中で天の夢を見てる・・・」よく見つけましたね。
等、面白く拝見しました。
読書コーナーがあるのですが、あの椅子で本を読む人がいるのかなー。

今日も暑かった。

テーマ : 群馬花便り
ジャンル : 地域情報

東国花の寺 常楽寺 彼岸花

毎日毎日、残暑・・暑すぎる。
お彼岸までこんなかな・・・。
お彼岸・・。
ヒガンバナは咲いたか?太田市の周りを偵察。
東国花の寺百ヶ寺の太田市上田島町の常楽寺へ。

駐車場が大きい。鐘楼には萩の花。
本堂にお参り。
鐘楼 庭

客殿前の心池や庭もきもちよく手入れされています。

休憩所


どうぞ・・と言わんばかりの明王院兼無料休憩所兼お手洗い。
うすさま明王はこの世の不浄なものを浄化してくださる仏様。トイレの仏さま。しゃれていますね。
開放的で中からの景色もよし・・。

古代蓮はおわっていました、桜の時はきれいでしょうね。

明王堂       太子堂


太子堂には萩、シュウメイキク。

シュウメイ菊      疎水

モチロン彼岸花も咲いています。群生ではなく自然のように・・。

観音



群生の彼岸花を見に。
伊勢崎、太田の境界三ツ木の早川淵へ。里山保存地区。

早川淵彼岸花     早川淵

週刊誌や東京新聞に去年の写真が出たそうですが、マダマダこれから。

新田花トピアのコスモスは?
花トピア     展望台

キバナコスモスは咲いていました。来週からの花トピアのために展望台をつくっていました。ここもマダマダです。

ご近所もついでに・・。

常楽寺の県内最古の宝篋印塔、墓石群。
明治に3ヶ寺が合寺した常楽寺の旧墓地にあります。

墓石群



木崎の色地蔵。

色地蔵     地蔵 色

木崎宿の飯盛女など色町の女性が多く信仰した子育て地蔵。

新田JAの「くら」で昼食。焼肉屋でした。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 花の寺 常楽寺

太田大光院 開山忌

太田市大光院の呑龍上人の法要の開山忌に大光院へ。

大法要が12時半と太田商工会議所の観光PR紙で知りお稚児さんの「禮讃舞」を見るため、12時家をでる。

暑い!

吉祥門

昨日は歩行者天国だったようですが今日は・・人が少ない。
開山堂

縁日などもやっていました。

大法要が始まるようです。

本堂       渡り廊下

本堂から、笙を先頭にすがたをみせます。

開山堂裏

開山堂の裏入り口よりなかへ。

誰でも入れるそうなので私たちも中へ。

内部は写真禁止です。

私は50年前、小学校の時、禮讃舞の稚児として、何年かでたことがあります。
懐かしい・・。
衣装も踊りも昔のとうりです・・・。
禮讃舞の時のお経も浄土宗の

  南無至心帰命礼 西方阿弥陀仏
  弥陀身色如金山 相好光明照十方
  ・・・・・・・
   だったかな?

今はもう孫の世代の子供達ですが、50年前にタイムスリップ!

散華を頂いて終わりまで正座すること1時間。
20人近い僧侶の読経は大迫力。

子育て呑龍様なので小さい子供も多く、又、大光院幼稚園の子供の歌も可愛かったです。

呑龍上人のお墓にお参り。
上人墓      上人墓帰り

緑に消える

濃い緑にお坊さんとお稚児さんの衣装が鮮やかです。暑い中、大変でしたね。

散華

お札を頂きました。
散華は蓮の花びらをかたどったもので、法要の時にまかれます。
散華のコレクターもいるとか。今回は5枚ゲット。

もっと皆さんに見てもらいたい。感動します。
大法要、禮讃舞の時間をPRすれば都会のひとはきっと感激し仏教のよさがわかると思うのですが。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 大光院

奥の細道  ⑤

昨日5日午後10時、NHKの「趣味悠々 新おくの細道を歩く」があり雑誌も購入しました。

養泉寺看板

尾花沢の養泉寺でお知らせを見ていましたので、シッカリと視聴。

これから、松島、平泉、山刀伐峠、尾花沢、・・象潟・・と歩くようなので見なくては。
榎木孝明さんのようにサーとスケッチができたらいいな・・・。

今回はタクシーで回ろう、と言うコメントが入っていました。
そうです車でなくては、アチコチと見られません。
中尊寺でバスが来なくて困っていた女性の二人連れを、送りました。
TVの旅番組では、地方のバスが、タイミングよく現れますが・・ね。
そんなことは、ないです!

2000年ころの、「奥の細道を歩く」とはどう違うのを、みせてくれるのか?

今回の旅行のお土産、鳴子こけし人形せんべい を会社(週一パートです)に届け、旅行が終わった・・・という所です。

可愛い芭蕉人形と山刀伐峠の屏風。曾良がいない・・。
芭蕉人形

TVの上に飾っています。

朱印をもらう人が沢山いました。オートバイの若いおにいさんまで!
今回から初めても・・・お金もかかるし・・・。

スタンプ


スタンプにしてみました。
結構、面白い。

昨晩、公開講座、「三味線講座」に出席。
撥は重いし正座が大変でした。続くかな・・・?

テーマ : 街道の旅
ジャンル : 旅行

tag : 奥の細道

奥の細道 ④尿前から大石田

8月31日 雨。

鳴子温泉近所の「尿前(しとまえ)の関」 跡へ。
尿前      尿前跡

伊達藩と新庄藩境界の関所。出羽街道中山越えの歩道も整備されているようです。
門、柵など復元されていました。
鳴子遠望

鳴子温泉がみえます。芭蕉も泊まればよかったのに。


国道47号で堺田の「封人(ほうじん)の家」へ。
芭蕉が2泊した、旧有路家住宅。昭和48年3000万円をかけて、解体復元したそうです。広間型民家。
管理人の方が親切で、馬屋を見ながら囲炉裏をかこんで談笑。青春切符で来る人が多いとか。
封人の家       蚤


    蚤虱 馬の尿する 枕もと 


尾花沢にむかう。

山刀伐峠(なたぎりとうげ)は、旧道、散歩道もありますが、トンネルで尾花沢へ。

山刀伐

  
尾花沢の芭蕉清風歴史資料館は臨時休館。そうだ、31日だ!
清風

紅花大尽の清風宅は駐車場に。

芭蕉が宿泊した養泉寺の涼み塚を見る。
涼しさを

当時は新築でもっと大きかったそうで、よかった・・?
 
  涼しさを 我が宿にして ねまるなり
  這いいでよ 飼屋の下の ひきの声
  まゆはきを 俤にして 紅の花
  

養泉寺

これが仁王様?ハリボテみたいだけれど、木彫りなのだろうな。


雨が強くなり、立石寺には寄らないことに・・・・でも・・時間もあるし・・・。

隣町の大石田に。
    このたびの風流ここに至れり
と芭蕉が感激した大石田。
芭蕉が宿泊した西光寺へ。
句碑と山門。ここの仁王様も・・面白い。

西光寺     五月雨


  五月雨を あつめてすずし 最上川
  

船番所あとの堤防に絵がかれています。これはアイデア!
コンクリートに壁の絵が描かれていて、瓦がのっていました。
堤防


最上川は流れが速い。水も多い。


最上川      最上川2



川辺のラーメン屋で川を見ながら昼食。
雨の最上川・・・・・。



1時半、帰りましょうか。

山形東根ICから乗車。7時半太田市の自宅に着。

全走行距離 1033㎞。

テーマ : 史跡巡り
ジャンル : 旅行

tag : 太田市

奥の細道 ③平泉 岩出山

8月30日
昨日のニュースで平泉の世界遺産登録のための調査があったそうで、ここも世界遺産をめざしています。
関山・中尊寺へ。山の上の駐車場へ。

讃衡蔵(さんこうぞう)で国宝、重文を大量に見る。

いよいよ、金色堂。
金色堂      旧覆い堂

日本の国宝第一号。
全面黄金で暗い室内に白く夜光貝がキラキラと光ります。
旧覆堂は700年の貫禄が。旧覆堂の方を移築したのね。

経堂

経堂と芭蕉の句碑。

   五月雨の 降り残してや光堂

中尊寺     弁慶堂

藤原清衡の造営の時代の建物は金色堂だけ・・。
弁慶堂、能舞台、・・・。芭蕉の真筆がある積善院はお休み。
西行の歌碑も拝見。のこらず見る。
杉木立は荘厳な雰囲気をつくります。お寺には大杉が似合う。

今は水道水の卯の花清水の曾良の碑をみる。

     卯の花に 兼房見ゆる 白毛かな


高館義経堂(たかだちぎけいどう)へ。

    まず高館にのぼれば 北上川南部より流るる 大河なり

義経堂      束稲山


奥州藤原氏のもとに逃れた義経が4代泰衡に討たれ、妻子とともに自害した衣川館跡。妻子の名前は不明とは!

束稲山の前を北上川が悠々とながれます。

   夏草や 兵どもが 夢の跡


無量光院跡。
無量光院

3代秀衡が京都の宇治平等院を模して造営した・・・今は・・。
芭蕉の時も 田野でした。
柳之御所跡も草原でした。

毛越寺へ。
2代基衡が造営。
毛越寺

本堂は平成元年完成。
曲水

浄土庭園、大泉が池と曲水(ごくすい)。

大泉が池


茶店でお餅ご膳の昼食。おいしい!
芭蕉の真筆の碑、向かい側には新渡戸稲造の英訳の碑がありました。

芭蕉碑     英文碑



東北道、中尊寺ICから群馬へ。

やはり、封人の館を見たくなり、JTBに電話をして、鳴子温泉の宿を予約。欲張りすぎか・・。

古川ICで降りる。

岩出山の岩出山伊達家の藩校「有備館」による。
有備館       有備館2

萩は咲いていませんでした。

美豆の小島は雑草で見つけられません。

鳴子温泉「鳴子ホテル」着。5時半。
いい湯ダナ・・。改築中とはいえバイキングでgood!

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

tag : 中尊寺

奥の細道  ②石巻 登米

8月29日晴れ。
9時、宿を出る。
昨日見られなかった「巻石」に再度チャレンジ。
巻き石2

こんな大きかったのか。

芭蕉が宿泊した新田町の碑。宿を断られたホテルのそばにありました。
新田町


石巻見物もしてしまおう!

ハリストス正教会堂。

明治13年建築のレトロでモダンな建物です。
隣は石の森萬画館。なんという違い。
ハリストス       石ノ森


サンファン館へ。
伊達政宗により建造され、1613年支倉常長らがローマまで行った慶長遣欧使節船の「サン・ファン・バウティスタ」号。
平成5年復元。東京まで曳航されて行った事もあるそうです。
サンファンバティスタ


群馬県出身者には、まぶしすぎる!海!船!

サンファン      サンファン2

内部は狭い、ベッドは小さい。これは・・・窮屈。
船首は「阿吽の竜」正宗らしい。
サン・ファン館内の、おいしい、と評判の海鮮レストランは、お休み。


道の駅で昼食。結局、海鮮料理を食べられませんでした。

ここで平泉の宿を夕食付で予約。一安心。

「みやぎの明治村」登米へ。

一宿碑

この後ろに見えるのが純木造二階建て、旧登米高等尋常小学校、今は教育資料館です。
私たちの世代には、懐かしくて、あたたかい思い出の学校です。
ヤッパリ木造はいい!
明治21年、山添喜三郎の設計です。
山添喜三郎は明治10年群馬県高崎の新町紡績所も設計しています。
学校赤門

六方の入り口、バルコニーとコの字型につくられています。
学校3      学校2


警察署あと。
警察

昭和43年まで使われていました。

武家屋敷と、お茶が飲める春蘭亭。
武家屋敷     春蘭亭


登米能のための森舞台。
隈 研吾設計・・・太田市のビジターセンターも設計するとか・・・。
森舞台

自然と一体化しています。太田も楽しみになります。

北上川にも芭蕉の碑。
芭蕉碑


平泉の宿「ホテル武蔵坊」着、5時半。

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

tag : 石巻 登米 奥の細道

奥の細道  ①石巻

8月28日旅立ちました。
旅にはテーマが必要な世代。
以前から「奥の細道」を選び、芭蕉の足跡を訪ね歩いています。
今回は平泉の中尊寺がメーンの予定で、自宅を9時半に出発。
東北道佐野ICから乗車。仙台南で仙台南部道路に仙台東部、三陸自動車道石巻河南ICで下車。ごご4時。
まずは、北上川の住吉神社にある「袖の渡り」そばにある「巻き石」
袖の渡り

義経が平泉に行く途中、渡し賃代わりに片袖を与えたと言われる「袖の渡り」。
石巻の名前のルーツ、「巻石」。
どこにあるのか判らないので釣り人に聞くと満潮で一部しか見えていないけれど、あれだよと言われ・・・。

巻き石      巻き石2


日和山公園へ。
鹿島

鹿島御児神社。港町の神社です。素晴らしい眺望。
曾良の「日和山・・石巻中、残らず見ゆる」とあるとうりです。
芭蕉像石巻

山頂近くに有名な?芭蕉、曾良の像があります。

さて、宿探し、6時すぎて、きれいそうなホテルが満員で断られ・・もう一軒・・断られ・・・芭蕉の心境になりました。

   宿からんとすれど さらに宿貸す人なし


石巻駅前の観光案内所で郊外のビジネスホテルを見つけてもらいました。
ホテルの周りには食事所がありません。車で動くのも、面倒になり、隣のセブンイレブンでお弁当。

おいしい海鮮料理が食べたかった!

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

tag : 石巻 奥の細道

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。