スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太田呑龍様と金竜寺

今日は曇り。イオンに買い物の途中に大光院呑龍様へ。

イチョウが・・曇り空にしっとりと立っています。。
いちょう        鐘


呑龍様        呑龍3

呑龍2

呑龍様は、菊花大会のあとかたずけの人がいるだけの、静かな秋をむかえていました。

裏の紅葉は・・・・。

     秋の夕日に 照る山紅葉(もみじ)
     濃いも薄いも 数ある中に
     松をいろどる 楓や蔦は
     山のふもとの 裾模様

     渓(たに)の流れに 散り浮く紅葉
     波に揺られて 離れて寄って
     赤や黄色の 色さまざまに
     水の上にも 織る錦                 高野辰之作詞


呑龍講堂 入口        講堂庭

普段は公開していない講堂の扉が開いていたので、チョット拝見。葵の紋!
ここも、紅葉が・・・。

隣の金竜寺へ。

ここも!
金竜寺入口        階段1


階段2        階段3

金竜寺本堂        本堂ガラス

本堂のガラスが赤く紅葉を映しています。
散歩の人、絵を描く人、写真を撮る人、皆、日本の秋を堪能していました。


金竜寺は新田義貞の供養塔、金山城主 由良氏の累代の墓があります。

墓        由良氏墓

紅葉に囲まれていたら・・・・・。

階段横

紅葉は陽の裏側から撮るといいですよ。と、去年カメラマンに教えて貰いました。
曇りでは、色が出ません。残念です。
猫

ポーズをとる猫ちゃん。

こんな近くに、京都に負けない紅葉の名所があって、毎年楽しめるなんて、シアワセです。




スポンサーサイト

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 新田義貞 金竜寺

足利の文化財一斉公開2007

今日は、市街地で普段公開されていない所を見ることに。

通り6丁目織姫公民館裏の「物外軒」茶室へ。
物外軒       茶室

明治初年萬屋の邸内に建てられたものを明治34年移築。
その時のお大尽が、譲り受け維持していき文化財になる・・・。
庭1       池もみじ

庭園の池に映るモミジが、あでやか。

歩いて、「足利ハリスト正教会」へ。
ハリスト教会全体       ハリスト教会内

建物は昭和58年のものです。

日本最初の女流イコン(聖画像)画家山下りんの作品がありました。
イコン       イコン3

いこん2

イコノスタシス(聖障)に10点。奥の至聖所には「三位一体図」が。
素晴らしい!

歩いて「供養山三宝院」へ。
公開は午後からでしたが、住職の法話があり本尊に線香をあげてから文化財を拝見。写真を・・・とは言い出せませんでした。
三宝院       石塔

幕末、足利の画家、新井勝重の「紙本着色釈迦十六羅漢図」は本堂須弥壇の裏にあり他にも地獄図などありました。モチロン住職の説明付です。
石塔は藤原行国。

織姫山西の「長林寺」へ。

長林寺       本堂

モミジに囲まれた「長林寺」は500年以上の古刹。
足利長尾氏の寄進した文化財が多いようです。
国重要美術品の印文「禅」、笈など今回特別公開で、市の文化財課の方が説明してくれました。足利文化財カレンダーを購入。

足利学校は、人人・・・。

足利学校さままつりのイヴェント「足利そば商組合」「足利手打ち蕎麦切り会」の手打ち蕎麦で昼食。400円。天ぷらは売り切れでした。

松村記念館へ。
しゃれた大正時代の家です。
松村玄関       松村二階

蔵の中は二階、地下とあり興味シンシンで見学。
松村蔵       松村蔵の中

個人で維持するのは大変でしょうね。

ご存知、鑁阿寺へ。

天然記念物の大イチョウの黄葉が見事で多宝塔には写真家が、ずらりと。
今回文化財めぐりでは初めてのことです。

鑁阿寺門       多宝塔

大修復を終えた経堂を拝観。ご本尊釈迦如来も修復されていました。

国指定本堂


足利学校へ。
今日は無料です。
gakkou zenntai       門


孔子廟       孔子像


学校1       北庭園

手作り和菓子を食べ、抹茶をいただき、漢字検定試験をうけて、青空市を見てと楽しく一日を過ごしました。


帰り道に八幡町の禅定院へ。


公開時間の4時は、すぎていましたが境内のカヤの大木と板石塔婆を見ていたら住職が本堂に案内してくださり板絵図の説明をしてくださいました。

禅定院       禅定院 板石塔婆

なんと、親切な・・・・。感激。

今回参加して足利が大好きになってしまいました。

来年も楽しみです。

tag : 足利

足利の文化財一斉公開2007

昨日NHKのニュースで「足利の文化財一斉公開」の放送があり、風もなく、暖かな日和なので出かけてみました。

足利市福居町の龍善寺に10時着。
法事の準備をしていたので、帰ろうとしたら、着替え中の住職が、丁寧に仏様と龍善寺の説明をして下さり、恐縮するやら、感激するやら親切な対応に今回のイベントの意気込みを感じました。
龍善寺       阿弥陀三尊像

阿弥陀如来像の写真を撮らせていただきました。

これは、まわって、みなくては!

八木宿の母衣輪(ほろわ)神社のクスノキを見ていると社務所でお茶の接待。

次は上渋垂町の赤城神社へ。
赤城神社       すさのお

赤城山の神のムカデと日光男体山の神の大蛇が戦場ヶ原で戦った故事によるムカデが本殿扉に大きく彫られています。
壁面には、白木でスサノオノミコトのヤマタノオロチの彫り物。

高松町の観音寺へ。
観音寺       ポスター

地蔵菩薩立像。明和時代の供養塔もありました。

久保田町の本源寺。

本源寺       延命地蔵菩薩

臨済宗建長寺派の本源寺の延命地蔵菩薩。

梁田町、星宮神社。
星宮神社       星宮神社1

本殿の彫刻は漆と岩絵の具で彩色修理をしたので、極彩色。日光東照宮と同じ業者に頼んだようです。

うなぎ       瓢箪から駒

珍しい、うなぎや、瓢箪から駒の「張果老」の彫刻など、覆いやの中にあり、外見からは、わかりません。

耳だれ地蔵。
耳だれ地蔵

耳の病気に霊験があるとかで、錫杖には五輪塔がきざまれています。

猿田町の徳蔵寺へ。

徳蔵寺 羅漢堂       羅漢

漆喰塗り土蔵造りの羅漢堂の中に、五百羅漢像があります。
江戸時代後期に、廻船問屋・萬屋 長 吉右ヱ門が奉納しました。
語り合う羅漢。
羅漢1        羅漢アップ

ここも、丁寧な説明があり、コーヒーの接待もしてくださいました。
市街地も近く、文化財めぐりバスもあり、人も大勢いました。

常見町正善寺へ。

正善寺       古墳内観音

日光輪王寺から譲りうけた県重文の阿弥陀如来座像。
ここは正善寺古墳の上にあり、石室には弁財天さまが、ありました。

口明塚古墳を見て、1時半。

助戸町の「ゾロ」で昼食。

旧木村輸出織物工場へ。
木村織物        木村家住宅

事務所跡、工場跡。木村家住宅の開かずの蔵など見学。

どこも、パンフレットと案内者がいて、時間があっというまに、すぎてしまいます。

公開時間もおわりかけ、急いで樺崎八幡宮に。

樺崎

本殿床下の足利義兼が生入定した墓標を見学。
樺崎寺は明治の神仏分離令で、なくなりましたが、今は、中世寺院跡として国史跡となり、復元されつつあります。

月谷町の示現神社は扉が、しまっていました。寒くなり、4時過ぎです。
工事中の北関東道の側でした。
近所に素敵な民家がありました。
養蚕農家

この静かな集落に高速道路。

明日も足利に来よう!
疲れたけれど、文化財をミタゾーという一日でした。

テーマ : 栃木
ジャンル : 地域情報

tag : 足利

館林城沼  榊原康政の善導寺

昨日は館林美術館で「都市のフランス自然のイギリス」を鑑賞。

今日はゆっくりと館林の秋を鑑賞。
城沼へ。
白鳥1       白鳥

白鳥が近づいてきます。鴨も一緒に寄ってきます。
エサをもってくればよかった。

菖蒲園西の鶴生田川桜並木が紅葉しています。
鶴生田川       犬の散歩

ここには、10月桜も咲いています。一重が冬桜、八重が10月桜とか。
この前よりは、花が多いか?
10月桜       10月さくら1


楠庵で新ソバの昼食。

館林アピタ隣の善導寺へ。
善導寺       門より本堂

1590年榊原康政が館林城に赴任し香華寺となった、名刹です。
昭和59年、館林の都市計画により館林駅前から、移転再建されました。
本堂ないぶ1      本堂内部

浄土宗阿弥陀如来は眩いばかり・・。

榊原康政墓      榊原

榊原康政の墓は、・・・立派です。

鯉       あじさい

弁天堂前の池に鯉がウヨウヨいます。柏葉あじさい?が、なぜか咲いています。

裏に庭園が・・。

池

手入れが良い。

小鳥      池の木の葉

シジュウカラ?動きが速く写真を撮るのが難しい。  秋ですね。

大発見!

ワニグチ         わにぐち?

本堂、不動堂に変わったワニグチが、かけてあります。
金属パイプの風鈴のようで、パイプオルガンのような、響きでした。はじめて見ました。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

赤城山の紅葉と佐滝剛弘さん世界遺産講演会

寒くなりました。
沼田に「めざせ世界遺産」の講演会を聴きにいきました。

太田市から大間々経由で 水沼へ。
紅葉しはじめていました。

水沼       水沼近辺

下田沢から沼田へ。山に入るほど秋は深まります。

雲が山を暗くしています。
晴れ間がみえはじめると、あ!きれい!...車を止めて写真を撮る。
つられて止まる車も。

山       やま2

秋色のグラデーション。もう初冬の風情も。
ヤドリギ       根利

ヤドリギ(寄生木)を見つけました。

「あしひきの 山の木末(こぬれ)の
寄生(ほよ)取りて
挿頭(かざ)しつらくは
千年(ちとせ)寿(ほ)くとぞ」
           万葉集 大伴家持

カエデの大木が。トラックがきても、駐車しなくては。

根元を見ると一本の木です。
かえで

カエデ2      カエデ3

声もなく、見とれてしまいます。

薗原湖

薗原湖は道路が狭く駐車できません。
写真を撮るのも命がけ。
もっと性能のい良いカメラがほしい。

椎坂峠のオルゴール館で昼食。山菜うどん600円。
風が冷たくコートは冬物でなくては・・。それでも開けた高台からのゴルフの打ち放しをしていました。

沼田県民局でNHK前橋放送局の佐滝剛弘さんの講演会「絹産業遺産の世界遺産的価値」を聴く。

佐滝さんは「旅する前の「世界遺産」」「日本のシルクロード」の本の著者です。
世界遺産の最近の傾向は、次の有力な遺産候補 ル・コルビジェなどのテーマ主義や、文化的景観などであること、すでに800余あり、世界遺産が多すぎるのでは、といわれ始めていることなど、写真をまじえての、講演でした。

個人的には養蚕農家の屋根の美しさに魅入られて、アチコチ写真を撮り歩いているとか。これは、私も同感です。

「郵便局を訪ねて1万局」という本は 郵便 風景印 のコレクションで日本中を飛び回った話で、ここまでやるか!という「おたく」の楽しさイッパイです。地方の郵便局を見るたびに、風景印がここにはあるのかな?佐滝さんはここも来たのかな?と、想像してしまいます。
佐滝 本


帰りは林道を通り(カーナビは近道を探すのね)昭和ICから、北関東道伊勢崎ICへ。来春には、太田まで開通。待ちどうしい。
とりせん「城西の杜店」で夕食のお寿司を買う。店内の「ミラノ」のジェラードがおいしい。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 世界遺産 佐滝

太田市 関東菊花大会

太田市大光院の第51回関東菊花大会。

みどり市のながめ公園は、50回とありましたが、同じ名前で、あちこちで開かれているようですね。

夕方、散歩がてらに見物。

吉祥門       銀杏1

銀杏が・・黄葉・・・きれい!

菊も満開。

懸崖       大作り

七五三参りの家族がいます。
・・・・今日は15日・・・コレデ イイノダ。


五重塔       銀杏


本堂と紅葉。
講堂


「ながめ」の方が、お金をとるだけあり工夫しています。
 呑龍様、ガンバッテ。なかずの池も手入れして開放して!

金山ハイキングコースを金龍寺へ。

金龍寺の石段のカエデの紅葉は・まだ・・見ごろは下旬かな。

夕食に蕎麦がきに挑戦。
硬すぎ、蕎麦つみれ、になってしまった。

こねすぎ?
また、挑戦の日が続きそうな予感が。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

常楽寺と中島邸

天気も良くないので・・・。

太田市宝町、ビストロ・フェリーニでランチ。
フェリーニ       店内

ランチはデザート付、980円。
今回は火傷のおそれのない、生かきを食べました。600円。

味、量も好ましいです。トイレも化粧室がクラシックで、いとおかしき・・・カナ。


太田市上田島町の紫雲山常楽寺へ。


常楽寺       鯉

ここは、いつ来ても花がさいています。
今は、ヒマラヤ生まれで丸いピンクの球形が可愛い、ヒメツルソバ。

錦鯉の泳ぐ心池に青空が映っています。
青空に泳ぐ鯉のぼり?


休憩所       うすさま

休憩所の中の烏枢沙摩明王。
寺院に盗難が多いのに常時開いているのには、いつも感服しています。


太田市で9億5300万円の予算がついた「中島知久平邸」。
中島邸

飛行機王中島知久平の偉業を伝える「中島航空記念公園」構想が始動したようです。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

民謡発表会

わが家のハナミズキの紅葉が見頃です。
落ち葉で今日の一枚(一番)を探すのが楽しみです。
木 落ち葉



いつも通るお気に入りの道路、市役所のそば、「バーバンク通り」のハナミズキの街路樹も今さかり?です。
バーバンク通り

車で走っていて、少しカーブした所が、ヨーロッパ風です。
紅白に花が植えてあり、咲いている時は、素晴らしい色合いです。
よ~く観察すると枝がネオンのある方へのびています。
「光を求めて」これは、歩いて気づきました。

午後は太田市社会教育総合センターに民謡を聞きにいきました。

太田市民文化祭の一つで、三味線講座の先生達が出演なさるで・・・。

プログラム       梅すい会

先生達の演奏は素人の中にプロが、という感じで津軽六段は、迫力がありました。

3時間近く、聞き入りました。

お客は関係者だけで、少ない・・・。

私も文化祭があるのに気がつかなかったぐらい、宣伝不足。
市民活動の発表会だからマァ、しかたない・・かな。
主に民謡,唄です。三味線は、難しいのでネ。
揃いの着物のサークルがおおいです。
一組初心者らしい三味線の会が。
デモ、私よりはお上手。初めて何年か話を聞きたかった。


三味線八木節


講座後に会に入った人たち?も、一緒に「三味線八木節」オペラグラスで、三味線の指使いばかり見ていました。市民講座から、こんなにも、打ち込めるものが、見つかった人は、いいなァ。

私はあと2回の講座を受けたら、終わりにします。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。