スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田美術館

今日は、栗田美術館の創立者、栗田英雄氏の生誕記念日で無料解放日です。

風邪も治りかけ!たので、11時ごろ出発。

正門


これが正門。

駐車場        栗田美術館大手門


駐車場はイッパイです。大手門という入口。

3万坪の山に自然を生かして造られた庭、建物がアチコチにあり、これは、時間がかかりそうな予感。

昭和の頃に来たきりでしたので・・・立派になりました。
隣のフラワーパークには、時々来ていましたが・・・。

まずは、養蚕農家の栗田山荘で昼食。
山荘        山荘正面


蒸篭弁当 1300円。

蒸篭弁当

廊下に座りユックリと食べる。セルフサービスでした。

二階1        二階2

どこの家を移築したのか?・・・不明。
食事後二階の蚕室に。喫茶室になっていました。下を覗いてみる。

うすの椅子


臼の椅子が面白い。隣にはカヤ葺きの茶室がありました。

本館へ。
本館


伊万里、鍋島の陶磁器がタクサン・・・・世界最大級とか。

ヨーロッパに輸出されたものを、買い戻した品々、いかにも外国向けですね。

国内用は洒落た様式美で今に通じます。

歴史館

歴史館には、輸出された大壺があり、圧倒されます。6階の休憩室まで階段!でした。
そこからは、足利フラワーパークが一望できます。イルミネーションも・・・。

無名陶工記念聖堂にも作品があります。屋上には慈母観音が・・。

館林善導寺から移築した開山堂の前には石仏群。
石仏        石仏アップ

こんなに多くの石仏を、どこから集めてきたの?


登り窯

陶磁研究所と登り窯があり、見学はできませんでしたが・・疲れた・・。

陶磁会館

陶磁会館でケーキセットをたのみ休憩。ここもセルフ。
ちょうど良いところ喫茶室があります。

そこでは特集陳列「釉薬でいろどるー白磁 青磁 さび釉 瑠璃釉」があり。
釉薬の基?の展示は珍しいです。


アチコチにある灰皿がいい、いかにも陶器の館です。灰皿


オランダ

阿蘭陀館というミュージアムショップ・・・有田の磁器が・・・デパート以上あり。

青花
しん窯の青花シリーズの間取異人輪花ポットを購入。

今年のカレンダーを無料でくれる・・うれしい・・ン・・・・今年?
でも貰ってきました。写真がきれいでしたので・・・。

もう一つ、駐車場から入る世界陶磁館へ。
世界陶磁館    世界陶磁館2

ここにはペルーの焼き物、チャンカイ土器の展示があります。
見てください・・・フフフ・・・なかなか見ごたえがありますよ。
ここは、入場料のいらない陶磁器の専門店です。

アーというまの4時間でした。

あまりにも、数が多すぎて、目が疲れてしまう。

1550円は、高くない!です。モチロン無料がいいですが・・・。


渡良瀬橋から見る夕日はきれいだね・・・森高千里の唄は本当です。
渡良瀬        渡良瀬2

何度見てもきれいだネ。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 栗田美術館

新田の荘の秋

太田市の秋を観賞。

浄蔵寺         イチョウ

太田市堀口町の浄蔵寺の大イチョウ。
樹齢400年の雄株。
根元が黄色で染まる頃が見ごろです。あと何日・・・。
いちょう



太田市世良田町の世良田東照宮。300円。

徳川3代将軍家光が日光東照宮を改築するのにあたり、旧東照宮を徳川家発祥の地、世良田に移築したものです。
日光とくらべると・・・・。家光はキンキラ好み・・・。

世良田東照宮        拝殿


勅額        天井

東照大権現の額は後水尾天皇の勅額。天井は菊花文様。

本殿        巣篭もりの鷹

本殿には、左甚五郎の「巣籠りの鷹」。

重文の刀、灯篭などなど、・・。日光とくらべては、いけません。

隣の長楽寺へ。
太鼓門        もん2

太鼓門とイチョウは、秋の美しい取り合わせ。

三仏堂

三仏堂の周りも紅葉が、見ごろでした。


太田市新田上江田町の龍得寺。

龍得寺        五輪塔


由良泰繁の五輪塔。

マルハシャリンバイ

シャリンバイ?花は春のハズ・・・。

ジョウロを探して、ジョイフル本田へ。
気に入ったのがなくて・・・・。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 長楽寺

伊勢崎のシルクカントリー 小茂田家 森村家

今日は、誕生日です。
絵文字名を入力してください

隣町の伊勢崎市で公開されている国登録有形文化財の住宅を見学に。
伊勢崎市長沼町の「小茂田家住宅」。

島村とともに、蚕種製造が盛んな長沼地区で、小茂田家は、明治初年親仁館と呼ばれた蚕種屋です。
小茂田 入口        小茂田 正面

堂々たる三つ櫓を載せた総二階建ての主屋。

小茂田 玄関


小茂田 二階1        小茂田 二階2

一階は小茂田さんの住居。二階へ、小茂田さんに案内され登る。
養蚕作業のひろ~い空間が・・・格子雨戸を通して入る光が障子の白さを際立たせます。
小茂田 二階4天窓         小茂田 二階3

小屋根(ヤグラ)の木組みが、荒々しいと言うか豪快です。
天井にも障子を組み込んでいたそうです。

小茂田 北   
    
北からみた主屋と井戸屋。


小茂田 西  小茂田 蚕室

主屋西側からと入口にある蚕室。ここは公開されていません。

感じよく、修復?されていて、センスがいいですね。

誕生日のお昼は「ステーキ宮」で。カットステーキBセット1240円。


連取町の「森村家住宅」へ。
森村家は地方代官を務めた旧家です。

森村長屋門         森村 主屋

玄関は伊勢崎藩の陣屋遺構。
幕府の巡検史を泊めた脇本陣。

書院建具        建具アップ

おえらいさんが、泊まった新座敷には組子建具が。
呼び出し

家の者を呼ぶ、?な物も。中の丸い玉を落とした音で呼び鈴代わりらしいです。

森村二階        森村二階から三階へ

二階は蚕室でした。
座敷もあります。
森村二階座敷


森村 主屋横

養蚕農家の出梁もありました。

庭木の説明役の方が柿を採ってくれ、お土産に貰いました。
樹齢300年のカヤ、赤松、大王松、伽羅木、カリン、豆柿・・・・イロイロ。
ムクロジの果実の黒い種は羽子板の羽根の錘?に、使われ、皮は水で濡らすと泡がたち昔は石鹸かわりと説明されて・・・初めて見ました。変わった形で、振ると音がします。これも、貰ってきました。
柿         ムクロジ

小茂田さんといい、ここの方も本当に親切で、公開日に来るといい事がイッパイです。
毎月第一1,3日曜日が公開日です。

板塀         裏門


長屋の板塀や裏の長屋門の痛みが激しいのが残念です。

この後三光町の「相川考古館」へ。500円。
茶室は修復中です。

重要文化財の埴輪「琴を弾く埴輪」「武人埴輪」等を見学。
相川家の歴史や個人で維持する苦労話を聞きました。
4時、火の気のないところで振るえがくるほど寒い!

ケーキも食べずに・・・・・帰宅しました。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 伊勢崎

大光院 金竜寺に再チャレンジ

今日は晴れ。
もう一度、紅葉の写真にチャレンジしてみました。

大光院        枯葉

光線が強すぎて、色が出ない・・・。
カメラのせいにして・・・・・。

金竜寺へ。
本格的装備のカメラマン多数。

六地蔵

どうかな?

地蔵

作日の方が・・。
階段


金山の松がアチコチ枯れています。広葉樹が多いので緑の金山から、紅葉の金山になったようです。

明日は・・誕生日・・・・・。どよん

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。