スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本絹の里 山王廃寺跡

今日も寒い・・・たまにはでかけましょう・・・高崎市日本絹の里へ。

お昼になったので・・大渡橋から吉岡町へ行く途中の煉瓦造りのレストランへ。

煉化の蔵         ロボット

ピザと窯焼き料理、2つの店でした。昭和2年山賀酒店の煉瓦倉庫を今風に使っています。
なぜかロボットが・・・「いらっしゃいませ」。
通路        入口

2台の窯で焼く料理「煉化の蔵」の方でランチ。

西側       煉瓦


煉瓦はイギリス積みです。
チョットおしゃれで若い人のお店ね。


高崎市(旧吉岡町)金古町の「日本絹の里」へ。
看板

混んでいます、珍しい。
近所の稚蚕人口飼料センターに駐車。

今日は高機(たかはた)織りに挑戦。
高機2        布

高機織り        機織り中



右足で踏木を踏んで縦糸を上下に開き横糸をシャトルで通し、オサをトントンと手前に打ち込む。左足を踏んでシャトルを左に投げてトントン・・・・とても長時間は、できなさそう。5分で疲れた。座る板とお腹が近すぎ、踏み板が細いし靴下がすべる。
青い横糸がお試し分です。
・・・・鶴でも、できるのに・・。
織るだけで大変ですが、前段階のたて糸(先染め)の準備がもっと大仕事のようです。



前橋市総社町の「山王廃寺跡」へ。日枝神社にあります。

絵図面          猿像

大きな伽藍だったようです。         日枝神社の猿は神のお使い。

日枝神社        塔心礎

日枝神社全体。     この中に遺跡が。

しび        根巻き石

7世紀後半奈良時代の寺の柱の根巻き石、石製しび、塔心礎など・・発掘調査から高崎市の上野三碑の一つ、「山ノ上碑」の文にある放光寺らしい。
でももう住宅があるので発掘はすすまないようです。

廻りの家・・・養蚕農家が何軒かあります。立派な家・・そして樫くねが・・高い。
都丸家         樫くね4

屋根5        かしぐね2


かしぐね        樫くね3

榛名からの赤城おろし?の強風をさけるための樫くね、手入れが大変そうです。
でも養蚕農家と樫くねは、群馬の家の代表。

二宮赤城神社へ。
赤城神社       二宮

石灯篭        御神燈
変わった足の灯篭ですね。

うさぎ

足元に何か生き物が・・猫・・うさぎだ! まさか野生では・・・まさかね。
赤城のノラウサギ!発見!


寒い・・。帰りましょう。


スポンサーサイト

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 山王廃寺

ロウバイ 桐生新里

桐生市新里町の山上城跡公園のロウバイを見に行きました。

ロウバイ

4分咲きぐらいかな。実を蒔くと、芽が出るといわれましたが・・・?
蓑虫みたいな中に種が入っています。家で蒔いてみました。

ロウバイ2        公園

山上城を見学。
城の遺構がよく残っています。
山上城は戦国時代に廃城となり今は公園になって、三の丸が芝生広場になり周りに椿、ロウバイが植えてあります。
公園3         公園2

山上城
二の丸、本丸の堀切ものこっています。

近所の膳城も見学。
膳城         膳城2

ここも堀切が残っています。
戦国末期、武田勝頼の上州進攻の時「膳城 素肌(平服)攻め」で負けて廃城になりました。
どんぐり

どんぐりがイッパイ落ちています。
丸いので、コナラではなくアラカシかな?

近所の「山上の多重塔」を見学。

赤城山が素晴らしい!
多重塔

平安時代初期にたてられた石造り三重塔の供養塔です。
赤城          石塔

ここは、赤城山が本当に美しくみえる!

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : ロウバイ

文学散歩 赤岩 羽生

又風邪をひき、歳を感じてしまいます。
家で、息子の廃品の中から「X-ファイル」VHSを発見し、ず~とみていました。疲れた~。

今日はお出かけできそう・・。

千代田町赤岩の「新田屋」で昼食。

新田屋         障子


定休日でしたが、法事の客のため開けていたところで特別にOKがでました。
   
うな重  

     

江戸時代末期利根川水運で栄えた赤岩宿に創業したそうで、
田山花袋は何度も投宿し小説「河そひの春」に書かれています。
昭和46年の利根川堤防の拡幅工事のため移転し往時の面影は・・。
偶然通された部屋の障子が花袋が愛用した離れの部屋の障子とか。
すぐできる料理はうな重というので注文。1600円。


川沿いの         書

新田屋に子供ができた時、花袋が、お祝いに書いた書。


近くの上五箇は江戸時代「寛政異学の禁」にふれた儒学者であり書家、亀田鵬斎が生まれた所で愛宕神社に扁額がのこっています。
愛宕神社        額愛宕


良寛と親しかったせいか、鵬斎の字はチョットよたよたしていますよね。


イオンモール羽生へ。
混んでいて駐車場をグルグルまわっても、空きがなくて入店できませんでした。



羽生市駅前、建福寺へ。
小説「田舎教師」の主人公 林清三のモデル、小林秀三の墓があります。
旧本堂          山門に

旧本堂に小林青年は下宿(間借り)して「弥勒高等小学校」へ代用教員として、かよっていました。住職は文人で田山花袋の義兄です。
旧本堂の前には横光利一、川端康成ら文人が残した句碑。「山門に木瓜咲きあるる羽生かな」

墓


貧しく失意のうちに21歳、肺結核で死んだ青年教師の墓は・・あとでたてた顕彰碑。立派すぎ。

車の碑

近くに変わった墓碑があり、車好きの人らしい・・・銘文は志茂田景樹でした。


次は・・・弥勒高等小学校へ。
明治末期に廃校になり跡の碑があるのみ、ここには小林青年は埼玉の啄木と書かれていました。

バス停は。
バス停        教師像

「四里の道は長かった。その間に青縞の市の立つ羽生の町があった。」の文と教師像。
行田と弥勒の距離です。


近くの円照寺へ。

「田舎教師」で、お弁当を運んでくる、「小川屋」のお種さんのモデルの人の墓があります。
資料館         展示室

資料館はトイレ、喫煙休憩所ありの快適な建物です。来館者名簿に署名・・・少ない・・。


次は利根川河畔の田山花袋文学碑を・・・・・見つからない。
・・・・寒い・・・。
利根川の夕景。
利根の夕景

海から何キロ?

ここは海から144,5キロ・・。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 田山花袋

初詣 世良田東照宮 冠稲荷 Ⅱ

二体地蔵塚、毛呂権蔵の墓、儀源寺、を見て・・・・。

冠稲荷神社へ。
ここは、今風です。営業努力がよくされています。

茅の輪が・しかも巫女さんがお祓いまでしてくれます。
茅の輪1           茅の輪2

茅の輪3           茅の輪4

お昼ごろ来たら駐車場がイッパイで入れなかったのですが、今はちょうどよい混み具合。
獅子頭

初午と祇園祭りに奉納される獅子舞の獅子頭がかざってあります。
甘酒          実咲社

三種類の甘酒、アイデアがいいです。実咲社のおみくじは初雪のようです。

神楽殿では「豊栄舞」が始まりました。
豊栄舞         巫女舞

観客が少なくて申し訳ないようです。

冠稲荷鳥居

年中行事や花の季節によく訪れますが、境内の椅子の配置や喫煙所、ロビーの喫茶、従業員の態度もよく、商魂たくましい、というよりも感心しています。

ご利益イッパイの一日でした。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

初詣 世良田東照宮 冠稲荷 Ⅰ

今日も又初詣
今年が良い年であるように・・・何回もいきます。

新田町世良田の東照宮へ。

東照宮        東照宮本殿

東照宮2

拝殿から宮司、直垂、裃の人たちが・・。
今日は「除魔神事」の日。これは、新年から縁起がいい。

巻物にあった古式を昭和55年復活したそうですが、知らなかった。もっと宣伝を・・。
初詣客が少ない。でもユックリ見られます。
拝殿で宮司が祝詞をあげ、境内で行います。
奉仕の愛弓家、鳴鏑主(なりかぶらぬし)と矢取り人による三盃の儀が。
三盃
 手袋をつけ  儀式

四本の矢を手挟み13.5mはなれた23cmの的を射る。

構える        射る

主        畳

この間、静寂が・・・。作法どうり粛々と儀式が遂行されました。
二本命中。

明日は「御釿始め式」があります。

大満足で隣の長楽寺へ。
長楽寺        献香

さびしい・・・。

レストラン葵で昼食。尾島名物のとろろ汁です。
「除魔神事」はレストランの人も知らなかった・・・・。

この後は東毛めぐりをすることに。


八坂神社へ。
茅の輪が、アッタ。・・・・太い。
八坂神社        八坂神社2

世良田の祇園祭りの山車は有名ですが、私は見たことはありません。


明王院安養寺へ。
新田触れ不動という不動様と千体不動尊供養塔が有名です。
仁王門        不動堂


屋根の途中に乗っているのは?
屋根2        屋根


不動尊像を浮き彫りにした石を、ピラミット型に十五段積み上げてあり数は1000体。
千体不動         千体不動2

アップ2        アップ

不動尊像につきものの火炎の光背がないのが特色で200年以上たち風化されています。

続きは・・Ⅱへ。

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 初詣

初詣 妻沼聖天様

孫達を見送り、熊谷市の聖天様に初詣。

妻沼聖天山歓喜院が正式名で1179年斉藤実盛が開創の古刹です。
斉藤実盛像の歌入りに、ビックリしたのは、前に書きました。

駐車場は広い方ですが、やはりイッパイです。本坊前に駐車できました。

昨年は4日に詣でましたが、今年は・・・・・中門から列が・・・・三が日が初詣なのね。

仁王門の廻りには、露天、手相見、農具屋、などがならんでいます。


聖天様       本殿


本殿は12億をかけて、修理保存中です。去年銅版を寄進しましたので今年は遠慮しました。
左甚五郎の「猿を救う鷲」の彫刻も彩色中です。

大師堂に詣で、中にある大数珠を回す。これが、面白くて・・・。
大師堂


そして、これも恒例の、開運干支置物を購入。
ねずみ         干支置物

今年も、かわいい。

妻沼の名物の稲荷すし。

おおきくて、油揚げが甘い。本当に甘い。

境内にある聖天寿司へ。いなり寿司

・・・・・・・・・・売り切れ~。


テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 聖天様

お正月

明けまして おめでとう ございます。

新年の太田市は、「ニューイヤーマラソン」。
全日本実業団対抗駅伝競走大会が正式だそうです。

地元のスバルの応援が多いですネ。
結果は・・・ヤハリ・・・。

交通規制が終わると、孫達と大光院へ、初詣。

混んでいる。吉祥門から並んでいます。露天の店も、アルアル・・。

初詣         火

献香所の線香は、火が強くて投げ入れ状態です。


おみくじは・・半吉・・もう一人は大吉・・。枝では木によくないので紐に結びます。
おみくじ

これは、凶でも、結ぶのかな?利き腕でない方で結ぶといいそうですが・・。

チョコバナナを買って・・・ゴミ箱がない・・。

八瀬川の鯉にエサをあげる。鴨、鳩、雀みなよってきます。
鯉


今年は良い年でありますように。
プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。