スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重伝建 赤岩散策

2月21日3月に催される旅行の下見に嬬恋村へ。

10時30分北関東道太田ICを出発。
正面には浅間山が真っ白、右には赤城山、榛名、妙義と上毛三山が見え・・・東毛は扇の要です。

信越道軽井沢ICで降りる。1000円。

軽井沢浅間白根火山ルートへ。

浅間が美しい     ここも綺麗だ

青空に・・・煙が・・・いい・・・・。

ブルーベリー前から     少し移動しても美しい
いつも休憩する「ブルーベリー」は冬季休業中、ゴルフ場、鬼押し出しも休業中でした。

JR万座鹿沢口駅近い「中居屋重兵衛」の生家・お墓・顕彰碑などを見て、子孫の経営する「中居屋」で昼食。2時。
白根や万座からのスキー客でイッパイです。

ここから30分の六合村赤岩地区へ。3時30分着。
観光客は・・もういません。ふれあいの家に駐車して・・・赤岩を散策。

ひときわ大きい三階建ての家の写真を撮っていたら、この家の奥さんが庭で蒟蒻をつくっていました。
しばし雑談・・関さんの家です・・・ご主人もあらわれて説明をきき家のなかを見せてもらう。

関さんの家 関さんの家西側から

三階建て はしごで二階へ登る


そと梯子から二階へ。当たり前ですが本物の養蚕道具があります。
蚕たなには、藁まぶしがあり中に繭もいます。

蚕棚 わら まぶし

三階も広い・・・。床に蚕をひろげたそうです。当時は四階も使っていたそうです。

三階も広い 屋根への梯子 三階


出梁からの景色は・・・下を見るのがこわいです。

出梁からの景色 こわい

関さんの作った、蓑を着せてもらう。
「みんな大喜びするよ」私も大喜びしました。

みの    あんだもの

箒なども作っているそうですが、ぜひ後々まで残してほしいですね。

先ほど庭で料理した蒟蒻の刺身をごちそうになる。
ありがとうございました。

八ツ場ダム
八ツ場ダムの橋はもうじきです。

関越道が渋滞らしいので赤城山南面を通り帰宅しました。

群馬の山々を踏破した一日でした。
走行距離380Km。

スポンサーサイト

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 浅間山 中居屋重兵衛 赤岩 重伝建

東毛の梅開花?

屋根にうっすらと雪が残る・・さむ~い日。
梅は咲いたか・・桜はまだかいな・・。

近所の庭では紅梅が咲いていますが、近所の名所はどうでしょうか。
上毛新聞に桐生南公園四分咲きとあるので見に行きました。

太田から双葉ゴルフ場の中を通り桐生市広沢町南公園へ。
運動公園、斎場など市境の丘陵地。

ここからの景色が素晴らしい     咲いています
ここだけは綺麗に咲いています     事務所のお知らせ
カメラマンが何人も・・・新聞の威力です。
咲いているのは、ここだけです。

まだまだですね。

桐生市東中前の豆腐料理「若宮」で昼食。

ノコギリ屋根から明るい陽ざしがはいります。

屋根がノコギリ屋根     駐車場からノコギリ屋根

もう一つの部屋の天井には養蚕道具のエビラと桑摘み籠?らしきものが張ってありました。

店内から屋根     えびら?の屋根
完食してしまいました     おまかせ定食

豆腐のお土産を買い・・・隣のケーキ店「ウチヤマ」でも買い物。

足利の西渓園へ。
こちらは・・・・まだ咲いていません。
西渓園




テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 桐生 若宮 西渓園

金山散歩 八王子山砦と御城橋

太田金山に新しくできた御城橋を見るこために11時万葉歌碑近くの駐車場へ。

天気も良く風もないのでハイキングコースではない登山道に挑戦。

小八王子山への道     雪がまだある

急な登りで雪もあります。ジグザク道を登る・・・・木がかなり多く伐採されています。
そのせいか、道もあかるいですが・・・。
ガイダンス施設を上から見、黙々と歩く。
ヤット登りきった小八王子山山頂らしい所には東屋があり、そこからハイキングコースに出ようか、まよいましたが、尾根道へ。北には金山城も見えます。

中八王子山から    武者走り

体が熱く感じた頃、中八王子山山頂につきました。
からの見晴らしは・・・ワオ~。
ガンバルゾ!
着いた。
大八王子山からは・・・関東平野が一望です。

大八王子山からは関東平野が

空堀など良く残っています。

大八王子山から     細いけれどしっかりした道

敵ガキタゾー・・と武者走りを山頂まで・・・当時のようすが目の前に・・・。

橋が見えました。雪道ですがチップが敷いてあるので滑りにくい。

橋まできました  御城橋だ  木だ

御城橋  下を見る  チップが敷いてある

ハイキングコースにできた陸橋・・・かなり高い。


金山がわから 道路から
橋を渡ると金山、車に気をつけないと・・・・。道路にでて橋を見る。

ガイダンス施設 隈研吾設計
金山城ガイダンス施設による。
相変わらず人がいない。

上杉謙信、小田原北条氏も落とすことができなかった堅固な金山城と実城の武者走りを縦走体験しました。約2時間かかりました。

この後、38回目の結婚記念日を和風レストラン 饗都で二人だけでお祝いしました。

奥は角煮です

おいしかった!



テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 金山城

勿来の関 袋田の滝 ②

31日9時ホテルを出発し小名浜へ。

途中のコンビナートの威容にビックリ。美しさを感じてしまいます。

塩谷埼灯台へ。

美空ひばり記念碑からはみだれ髪の歌が流れます。

ひばり記念碑 みだれ髪 山を登ると灯台 灯台の上から太平洋を眺める

灯台の上からは太平洋のパノラマ・・・・坂本龍馬も日本の未来を考えた、岡倉天心も考えた.

そこに流れる「みだれ髪」。観光客もふえたようです。

10時30分いわき・ら・らミュウ へ。
遊覧船とは時間が合わないのでお土産を買って・・・車窓から施設めぐり・・アクアマリンふくしま、スパ・リゾートハワイアンズ・・・勿来の関跡へ。

勿来の関は平安時代、源義家が後三年の役にむかう途中でよんだ歌で有名な古関です。

関所入口     源義家の像

    吹く風を なこその関とおもへども 道もせにちる山桜かな
文学歴史館もでき歌碑があるだけの今風の公園になっていました。

昨日タクシーの運転手さんお勧めの店、もう一軒で昼食、2時。
磯原の 二ツ島観光ホテルで、待望のあんこう鍋です。

窓の外は二つ島 あんこう鍋 一人前 地魚の刺身

席の前は海、二ツ島・・・アンコウ鍋。こういうのを待っていました。
一人前が多すぎ・・・・でも完食。

次は・・・帰り道に袋田の滝へ。

高萩から花貫渓谷を通り袋田の滝3時30分着。

滝入口 200mのトンネル 第一観瀑台

暗く276mの長いトンネルを抜けるとそこは滝だった。

滝     第二観瀑台

氷結していない。ここのところ暖かったからね。エレベーターで新しくできた第二観瀑台へ。
滝を上から見ることができます。

つり橋から第一観瀑台     滝見茶屋から

つり橋はゆれる・・。トンネルができる前の絶景地、滝見茶屋。

4時30分袋田を出発。
栃木県那珂川町を通り東北道矢板ICへ。

太田の自宅でNHK龍馬伝を見ることができました。


やはり・・・海の料理は海辺で食べる!・・・これに限る!



テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

tag : 勿来の関 袋田の滝 あんこう鍋

五浦海岸六角堂と袋田の滝  ①

1月30日高速1000円の日。

冬の兼六園に雪がないので・・・五浦海岸へ、アンコウ鍋と岡倉天心を訪ねての旅をすることになりました。

どこに行こうか考えていたので出発は遅くなり太田市を10時半に出ました。
東北道館林ICから北関東道へ、友部から常磐道北茨城ICで下車しました。1000円。

磯原の野口雨情生家を見学。

野口雨情の生家     資料館は孫の方が建てたそうです

野口雨情というと・・赤い靴、シャボン玉、船頭小唄などで知られた童謡詩人です。

説明の人が急に雨情の祖父や大叔父の江戸幕末期の水戸家の話、天狗党などの話になり・・天狗党は群馬の人にとっては迷惑をかけた党だと意見を言ったら・・・

水戸藩開藩四百年で茨城県は「桜田門外の変」の映画を作るなど、幕末の水戸藩烈士に、燃えているようでした。

駐車場にいたタクシーの運転手さんに美味しい魚の店を聞いて、目の前の「としまや月浜の湯」で2時昼食。
駐車場は海のすぐそばなのに、お店からは海が見えません。残念。

魚群探知機というお店     としまやの駐車場は海のそば

地魚のさしみ     刺身は二人前です
お刺身は美味しい。

野口雨情記念館     大津港

近くの北茨城市歴史民俗資料館野口雨情記念館、大津港を見ながら五浦へ。

五浦海岸の 茨城大学五浦美術文化研究所へ。
岡倉天心は明治の美術関係の官僚です。文明思想家というらしいです。
天心の家    六角堂

ダイナミックで変化にとんだ五浦の景観が気にいり、ここを別荘に購入し後に、横山大観、下村観山などを呼び、五浦を日本美術院研究所としました。

五浦     天心の墓

茨城県天心記念五浦美術館へ。

県の美術館     ガラス多用の作り

自治体も記念館を作りました。この雰囲気は・・・館林美術館に、似ている・・・。

宿を探しながら、暗くなり民宿も見つからずに、いわき市方向へ。
午後5時30分なんとか見つけた植田駅前のビジネスホテルアクセスへ宿泊。
ホテルの紹介した隣の うどん蔵 扇屋で夕食。
天ぷらが・・・じつに・・・おいしい。

民宿であんこう鍋の予定でしたが・・・まあ・・いいか。お休みなさい。



テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 野口雨情 五浦 岡倉天心

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。