スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら便り 中曽根のエドヒガン 神田の大糸桜

今日 4月24日、日曜日 長野県上伊那郡箕輪町 県指定天然記念物「中曽根のエドヒガン」を見に。

日帰りの予定で9時半自宅出発。

北関東道 太田桐生ICー関越道藤岡JCT-上信越道更埴JCT-長野道岡谷JCT途中姥捨SAで昼食。-中央道伊北IC下車ー10分くらいで中曽根公民館に到着。午後1時半着 曇り。

地元では樹元に権現様の社があり、権現桜とよばれていますが、エドヒガンの巨樹で樹齢1000年。

公民館そばにあり     二本に分岐

樹木医が管理中     幹6,7メートル

幹の空洞は明治に落雷の火災のためで、今は樹木医により管理されているそうです。
県指定の桜はすごい!住宅地にあるけれど、静かな環境です。

このあたりの家の桜はみな満開です。
   個人の家の桜
ここの家のそばまで行って見てしまいました。

次はどこに行こうか・・これと決めた一本以外は適当に探して・・・北杜市小渕沢町の「神田の大糸桜」へ。

小渕沢IC下車・・・あ・ららら・・・道がすいている・・・駐車場がガラガラ。

囲われものの桜     療養中

防風ネット・・・風があたりすぎ?

葉桜     大糸桜

花はかわいい     大糸桜は背景がいい

北に八ヶ岳、南西に甲斐駒が岳 残雪をバックに場所がよすぎる・・・平地に一本の桜です。
2001年に来た時は満開でしたので・・・ショック。

2001.4.14撮影2001.4.14撮影


      わきて見ん 老木は花もあわれなり 今いくたびか春にあふべき
                               西行


帰りは、同じ道はとおらず、長坂IC-中央道八王子ー圏央道鶴ヶ島、狭山ICで彩の国弁当を買うー関越道高崎ー北関東太田IC。

走行距離605㎞、群馬、長野、山梨、東京、埼玉そして群馬・・・なが~いドライブでした。

・・・・・疲れました。







スポンサーサイト

テーマ : 桜 花見
ジャンル : 地域情報

tag : 箕輪町 中曽根のエドヒガン 神田の大糸桜

福島市 花見山公園は春爛漫

4月18日日曜日、雪の影響もないようなので、10時ガソリン満タンにして花見に出発。

ネットで満開情報の福島市 花見山へ日帰りで。

17日15時に開通したばかりの 北関東道 佐野田沼ICへ。

田沼IC
足利の樺崎から、さらに奥に入った佐野市運動公園の方にあります。

岩船JCTから東北道 福島西IC下車、1000円 やはり・・那須 矢板 は渋滞。

福島市内は大渋滞・・・。

阿武隈川親水公園の駐車場にヤットつき、シャトルバスは大行列なのでタクシーで花見山公園へ。
3時ごろになってしまいました・・。

     人人がいっぱい

人と花でむせかえる ほどのにぎやかさ、名所ですね。

花見山は、この地区の花卉生産農家が私有地を無料開放している花木畑で宴会、食事など一部だけです。

桃源郷といわれ、ヒガンサクラ、レンギョウ、ボケ、花もも、桜、サンシュなどが咲いています。

桜が白くなっている     山に登ろう

福島市内     色どりがあざやか

花見山     さいごの風景

花見山山頂からは、近隣農家の花木の山、福島市街、吾妻連峰・・・。

花 花 イロドリアザヤカで 眩暈しそうな 景色です。花桃の色合いが、桜とあっていますね。

4時半、家へ帰ります。佐野田沼IC下車、自宅には9時着。
走行距離 482㎞、日帰りは・・・疲れました。


阿武隈川駐車場を少し進んだ所に、芭蕉も寄った「文知摺」があったのを知りました。

   「早苗とる 手もとや 昔 しのぶ摺」  芭蕉

残念、また行かなくては。


テーマ : 桜 花見
ジャンル : 地域情報

tag : 花見山

熊谷さくらたより

息子を東松山駅まで送りながら、東松山近くの桜見物。

比企郡吉見町 吉見百穴 へ。

午後3時すぎ・・・雨が降り始めました。

駐車場におかしな看板が・・・。
市野川の堤の桜で宴会のみの人が多いのでしょうね,駐車料はタダですから。

面白い 看板     宴会中の人も撤収

入場料を払い中へ。

入口から     吉見百穴
何十年も前に来たので…すっかり変わっています。
古墳時代の横穴墓群で219個の穴があるそうですが、広さや山の上下などで差があるそうで、マンションのようです。

穴がいっぱい     地下軍需工場跡
中島飛行機の地下軍需工場の時の壕が一部公開されています。

隣は比企城館跡群の松山城ですが、見学は別の機会に。

熊谷の桜を見に。

荒川の堤の桜は満開です。

熊谷桜堤     桜に厚みがあります
桜吹雪で道がピンクに・・アヤシイ・・・世界。

市役所そば中央公園へ。
祇園さくら     本場の熊谷桜

1992年移植した二本の京都円山公園のギオンシダレがあります。

そしてクマガイサクラ。

熊谷次郎直実の先陣争いからとった名前です。

ほかの桜より早く咲くから・・・ということで・・・すでに終わっていました。

テーマ : 桜 花見
ジャンル : 地域情報

tag : 吉見百穴 熊谷桜堤

太田桜たより

昨日から暖かくなりました。吉野の旅の疲れも取れたので太田の桜は・・・。
6日曇りの午後3時ごろ買い物の途中で。

鶴生田用水堀     芝桜
鶴生田用水堀と北部公園の芝桜です。ソメイヨシノは満開です。
今年の芝桜は・・・・。児童公園になりそうです。

太田で一番人気の桜の名所。菅塩沼

菅塩沼     晴れの日ならもっとくっきりと反映

普段は静かな釣り堀ですが…道が狭いので要注意です。
晴れた風のない日がいちばんです。カメラマン、画家ふえています。


静かな環境で咲く桜     駐車場あり

鳳凰ゴルフ場、八王子霊園も満開でした。


7日雨が降りそうな一日高崎に行く途中。
世良田東照宮はソメイヨシノが満開。
ここの桜は歴史があり大きくて見事です。

世良田東照宮     


高崎 慈眼寺     慈眼寺の猫
高崎 「滝の慈眼寺」 ちょっと遅かった?
猫はかわいい。


連取の松     冠
伊勢崎「連取の松」まわりが年々整備されていきます。

8日、ヤット晴れました。
冠稲荷はボケもまだ咲いていて幼稚園の入園式がおこなわれていました。
八瀬川も満開です。ゆっくりと歩くとどこもかしこも桜が満開、呑龍様の近所の山はミニ吉野状態です。

春爛漫の太田です。


テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 世良田 慈眼寺 菅塩沼

桜たより  ④ 奈良 東大寺 春日大社  ナラヤエザクラ

4月3日9時30分歩きで正倉院へ。
土日は閉館なので柵の石柱の間から拝観。
正倉院の北東にある塔頭知足院へ、国天然記念物「知足院ナラヤエザクラ」を見に。

かなりのぼったところにあります     庭の中にある枝

山桜は満開ですが、公開していません。
庫裡の塀をのぞきこみますが・・・みえない。きっとあの枝かな?

奈良公園と県庁に接ぎ木のサクラがあるそうなので、そちらを見ましょう。

  いにしえの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に 匂いぬるかな
                伊勢大輔

鏡池と大仏殿     さすが観光地

大仏殿を拝観。さすが、世界遺産です・・・国際色豊かな観光客が鹿より多くいます。
鹿と遊びながら春日大社へ歩きます。

春日大社     御廊の釣灯篭

春日大社に着いた時には・・・つかれてしまいました。
春日荷茶屋で休憩。

参道を歩き県庁へ。

県庁駐車場外に県花「ナラノヤエサクラ」はありました。ナラヤエザクラ?では?
看板は、奈良の八重桜、ナラノヤエザクラです。

まだまだ咲きそうもありません。

ナラノヤエサクラ
国天然記念物の桜を見て回る私達の旅ですので、満開のころに又来たいです。


せんとくん だ。

せんとくん は人気者。お昼を食べられないと、嘆いていました。
せんとくん
平城遷都1300年祭でもえる奈良。

でもここでお別れです。あとは太田市にかえるだけ。


12時20分ホテルを出発。

天理ICから名阪国道(無料)-東名阪道ー亀山ー名古屋ー小牧から中央道ー長野道ー上信越道ー関越ー北関東

料金1000円・・・・午後9時太田着。

足に力が入らなくなっていました。
総走行距離 1260Km。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

tag : 奈良 東大寺

桜たより ③ 吉野山 飛鳥

4月2日 小雨。飛鳥のペンションに車を預けて、飛鳥駅から近鉄特急8時50分吉野へ。

喫煙車とは・・・うれしい。でも車内はガラガラ・・・下千本、中千本五分咲きとの事です。

吉野駅からロープウェイに乗り、金峯山寺につきました。

仁王門     蔵王堂

北向きの仁王門、南向きの蔵王堂、ちょっとばかり、変わっています。

吉水神社     一目千本

後醍醐天皇、源義経、太閤秀吉と色々歴史ある吉水神社。ここからの景色は「一目千本」。

   吉野山こぞのしをりの道かえて まだ見ぬかたの 花を尋ねむ      西行

   うらうらと のどけき春の心より におひいでたる 山桜花        賀茂真淵


竹林院群芳園まで登り、上千本行きバス停へ。
上は咲いていない、との事で下に戻ります。

勝手神社前の「静亭」で桜を見ながら柿の葉寿司の昼食。

如意輪寺の中千本は花にうずもれていました。

群芳園     吉野

       空にいでて 何処ともなく尋ぬれば 雲とは花の見ゆるなりけり   西行                                         

如意輪寺をながめる  中千本     下千本

下千本の七曲がりは、満開で、大満足。

七曲がり

吉野駅から飛鳥に戻ったのが3時。

車で「石舞台古墳」へ。

石舞台は本当に舞台 石舞台古墳


花崗岩39個を積み上げた石室古墳。その巨大さに圧倒されました。
さくらが満開で、本当に舞台です。

今夜の宿は奈良公園そばの夕食付、「ニューわかさ」5時には着きました。

夕食後、二月堂のライトアップを見に・・・坂を登るのが疲れる・・・。
わかさ という宿の名前のお水取りに使われる若狭の井戸、良弁杉は暗くてわかりません。
人がいなくて怖い。し~んとした奈良公園は鹿しかいません。

今日は歩いて、歩いての一日でした。
大浴場でゆっくりと疲れをとらなくては・・・。


テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

tag : 吉野山 石舞台

桜たより  三十三間堂 養源院 醍醐寺

タクシーを降りて三十三間堂へ。

三十三間堂 通し矢
三十三間堂の仏像には感心します。
あと、通し矢はここから120m先まで届くものなのか?
秀吉ゆかりの南大門と太閤塀をみて、養源院へ。

養源院     徳川の紋

淀殿とお江さんの建立したお寺は・・・ベニシダレは咲いていません。
宗達の襖絵は面白いですが、血天井は、ゾッとしました。

ホテルに戻り車で醍醐寺へ。

醍醐寺の仁王門     醍醐寺

満開です。雨に桜はしっとりと・・・と言いたいですが・・・晴れてほしかった。

しだれさくら
霊宝館と金堂へ。こちらも満開です。

金堂   幔幕   五三の桐
幔幕が・・実によい・・・醍醐の花見の気分が味わえます。

奈良、橿原で夕食をとり 飛鳥の今晩の宿へ。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

tag : 三十三間堂 養源院 醍醐寺

桜たより ② 京都 平安神宮 南禅寺 

4月1日、ホテルに車を預けて、平安神宮へ。

平安京遷都記念に明治に創建された神社です。

應天門     大極殿の左近の桜
左近の桜      右近の橘
應天門を入ると、大極殿。左近の桜は満開です。右近の橘も実をつけていました。

べにしだれ     栖鳳池
 
神苑に入ると・・・ベニシダレは・・これから。
澄心亭で抹茶をいただき、東神苑は・・・残念まだ蕾。
ここは想像力が必要ですね。

南禅寺にむかいます。

京都まちやの猫

京の猫は、はんなりと・・・。

琵琶湖疏水記念館により、インクライン?を見ながら、南禅寺へ。

まづは塔頭、金地院へ。

崇伝が伏見城の一部をもらいうけた方丈。小堀遠州の庭、東照宮 等々見どころイッパイです。

金地院     庭

いよいよ、南禅寺山門へ。

有名な山門     本堂
歌舞伎などのイメージよりは・・地味です。

境内の水路閣・・・すばらしい・・。
こちらは近代遺産です。

すいろ 水路 水路アーチ

古代ローマの水道橋をモデルにしたそうです。
旧い南禅寺と違和感なく、にあっています。

南禅寺豆腐の昼食を食べ、タクシーで三十三間堂へ。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

tag : 平安神宮 南禅寺

桜たより2010年 ① 京都 吉野山 奈良 

     なにとなく 春になりぬと聞く日より 心にかかる み吉野の山                                           
                                           西行

  今年こそ吉野山へ。

3月31日急に寒くなりましたが宿の予約もしたので吉野山の桜をみるために太田市、北関東道太田ICを8時30分出発。

途中で初めて高速運転にチャレンジ、追い越しのタイミングとスピードが難しいです。
多賀SAでガソリンを補給。昼食は・・・・思い出せません。
走る・・・・京都を目指して走る・・・・午後5時京都につきました。

宿は祇園ホテル、八坂神社前という場所が決めてです。あ、きれい事をいいました、値段です。

ホテルの前から八坂神社西楼門   八坂神社のもう一つの門

さっそく八坂神社へ。西楼門にはいると・・・縁日のような露店・・・お化け屋敷まであります。
八坂さんに参拝して、円山公園へ。
ここは宴会場です。ビックリ。


円山公園のしだれ

これが有名な・・祇園シダレ・・ガッカリ。

ねねの道を通り、高台寺へ。
桜が・・・写真の半分の量、枯れたのか・・・。
木が細すぎます。庭や建物は暗くて見えない。

高台寺のさくら

圓徳院では長谷川等伯の襖絵、掌美術館では蒔絵、これはステキな美術品です。

帰りのもう一度、円山公園によると・・・

祇園しだれさくら


夜のお化粧をした祇園しだれです。色はもっとピンクです。

      清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢う人 みなうつくしき 
                    与謝野 晶子

もう一つの夜は祇園白川の桜をみに。多くの着物姿のお姉さま達が・・・さすが祇園です。

祇園白川のさくら     祇園の料亭が見える

祇園の夜はあでやかにすぎていきます。

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

tag : 京都 祇園 円山公園

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。