スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城自然園

28日 おひがらもよく、昨日までの天気が嘘のようです。

友人たち八人と 渋川市赤城町の 「赤城自然園」へ。

赤城ICで下車し・・・道を間違えてしまいましたが・・・「赤城自然園」に無事到着。

・・・・・風が冷たい。

今年4月に再オープンしたここは、金土日月の開園、RHSJ(英国王立園芸協会日本支部)提携ガーデンの広くて静かな森。
昔、杉を植林したあと、それを伐採して北関東の樹木、草花を植え、新しく再生した自然園。

案内人が花の名前から木の名前、自然園のなりたちまで親切に教えてくれます。

シャクナゲ・・・三日前ぐらいが良かったそうです。

芝生広場にはハルニレ、ツリバナ、道もチップが敷いてあり軽快に歩けます。

ハンカチの木は・・・遅かった・・・でもクリンソウ、ギンラン、ヤマブキソウ クリスマスローズ、アジサイに似ているカンボク、サンショウバラなど珍しい花を見ることができました。

デジカメを車の中に忘れた!

オオヤマレンゲが咲いています。携帯カメラで・・・。

オオヤマレンゲ

レストランはないので、持参したおにぎりを食べ・・オシャベリ・・さわやかな風に吹かれてオシャベリ。


クサタチバナ、ミカンの花にそっくり。かんきつ類の花ですね。

クサタチバナ

エイレンソウ、カタクリは花の宴のあとの姿に。

これはこれで興味深いものです。

この年になると・・・派手な花よりも、野草がいい・・。

見えないところで咲いている花に感動します。

ウスバサイシンの花!

ウスバサイシン

フタバアオイの花も見れました。

浦島草、仲間のマムシグサは、チョット不気味です。

小さな生き物は・・・老眼のせいか・・見えません・・・蛇がいた!これは見えました。

園内を一周してみずみずしい自然の息吹を、十二分に楽しみました。



次は 富士見町の見晴らしの湯へ。

65歳以上は割引。後半年たてば安くなるのに・・・これは残念か、うれしいのか?複雑。

湯~たり湯~湯 とお風呂に入り考えましょう。





スポンサーサイト

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 赤城自然園 オオヤマレンゲ

さくら便り  妙義さくらの里   藤岡市の藤 高山長五郎

5月9日妙義山へ。

妙義山のさくらの写真はここから撮ります。

撮影スッポト     妙義さくらの里をながめるアップ

ソメイヨシノ満開の時は、山腹がピンクに染まります、今はサトサクラとツツジが咲いているようです。

さくらの里はサトサクラが見ごろです。

八重桜は満開     どこを見てもさくら

関山     普賢象

さくらの里     サトサクラ

中之岳神社で登山が終わった客に声をかけたら・・・太田からの若い人達でローカルな話が弾みました。


藤岡市のふじの咲く丘のふじまつりへ。

みかぼみらい館の丘にできた藤・・・10年後を期待しましょう。

ふじの咲く丘     二段藤


藤岡市諏訪神社へ。
神社境内の奥にある二つの大きな石碑。

ふたりの碑

小山のうえには「高山長五郎功績碑」  よこが「町田菊次郎頌徳碑」

高山長五郎     町田菊次郎

高山長五郎は養蚕技術の改良に取り組み、「清温育」を完成させました。
高山社を設立し、この方法を広めようと伝習所を作ろうとしましたが・・・死去しました。

高山社蚕業学校の初代校長が町田菊次郎です。
明治40年、分教場62か所、生徒1200人、社員4万人にまでなりました。

これで全国共通の養蚕方法ができたのです。


テーマ : 桜 花見
ジャンル : 地域情報

tag : 妙義さくらの里 藤岡

東松山ぼたん園 箭弓稲荷神社

5月4日 息子を送りながら、東松山駅前のぼたん園へ。

箭弓(やきゅう)稲荷神社は、平安時代中期 源頼信が戦勝祈願した所、箭の形をした白雲が現れて勝利した故事から信仰を集めています。
やきゅう から、絵馬の形がバット・・・。

箭弓神社     絵馬


ぼたん園     春の花がイッパイ

ぼたん園は大正時代、東武鉄道の根津嘉一郎が奉納したそうで、ぼたん、藤、松などが園内イッパイに咲いていました。

東松山ぼたん園へ。

ぼたん園入口     つつじの生け垣

こちらは町おこしに作ったぼたん園です。広すぎて、ぼたんが小さい・・・・もう少し時間が・・・・。

身近な所に名所があるのが、わかりました。

森林公園の駐車場は満員でした。


テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 箭弓神社 東松山ぼたん園

さくら便り  素桜神社の神代桜 善光寺

4月30日、ゴールデンウィークの混まないうちに、桜を見に行こう。
今日は、何となく長野市の素桜神社の神代桜が満開の予感。

長野ICで降りて、善光寺のそばの道を泉平へ。細い道をカーナビが案内します。

素桜神社はスサノオ伝説の神社で、神代桜と呼ばれています。
樹齢1200年のエドヒガン、国指定天然記念物です。

道路から見上げると     神社

・・・・・満開です。花びらも落ちていません・・おおきな傘・・という感じ。

花が多い     先まで咲いています

幹は9メートル。目の前の花の枝をくぐって移動します。

幹     青空になった

青空が見えてきました、シャッターチャンス。道の逆側からも、いいですね。

曇っています     となりのりんご?畑から

前に来た時は道路整備のためか、元気がなっかったので心配していました。
駐車場もない場所ですが、見物客は結構います。

戸隠バードラインに近いですが、観光バスは、入れるのかなという曲がりくねった道です。
アー!バスが登ってきました。

あたりは、春!ダンダン畑に桜 花が一斉に咲いています。

だんだん畑


善光寺の納骨堂 雲上殿へ。ソメイヨシノは終わっていましたが、中まで見学し懇切丁寧な説明を受けました。あまりに熱心に聞いたので納骨相談者とおもったようです。

雲上殿     
若い女性が階段で沖縄の歌を三線を引きながら唄っています・・・私達も牛も聞き惚れてしまいました。

沖縄の歌を歌う人 なでうし?


善光寺へ。

善光寺


牛を見つけました   猫も見つけました   柱の彫り物
善光寺で見つけた動物。



川中島で一休みしてから、自宅へ。

道路も混まずに帰れました。

太田市の近所は、芝桜、牡丹、館林のつつじ、足利の藤、など・・・ゴールデンウィークは毎年大混雑です。

テーマ : 桜 花見
ジャンル : 地域情報

tag : 素桜神社の神代桜 善光寺

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。