深谷市を歩く   渋沢栄一と道の駅

毎日毎日・・・寒いですね。

野菜を買いたい・・・地場産・・道の駅

深谷市の フォレスト花園へ。
花園ICを降りてすぐの、ここはスイーツバイキングがうりです。

     ピンクです     バラ園

中     地域物産館

バラ園は春は素敵なのでしょう、たぶん。

となりの敷地には地域物産館とさらに隣に地場産野菜の店があります。
植木が安いです。

道の駅おかべ にもより、ロウバイの花や本場深谷ねぎを買う。安い!
ここは、地域のスーパーのようで何でもあります。

深谷の偉人 渋沢栄一記念館へ。資料室があります。

   渋沢栄一記念館 公民館     入口の看板

生家「中の家」へ。

明治28年築の屋根に煙出し天窓のある養蚕農家。藍玉のお店も公開されています。

渋沢栄一生地     生家

東門から青淵由来之跡の碑のそばへ。

青淵由来之跡と青淵池     青淵公園から記念館

渋沢栄一記念館から青淵公園としてキレイニ整備されていました。

スポンサーサイト

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

tag : 深谷 道の駅 渋沢栄一記念館

ハヤブサ と 田中一村

今日27日の新聞のミニコミ誌を見ると・・・・出かけたくなった。

館林市向井千秋記念子ども科学館へ。

やはりミニコミ誌でみた館林市東郷町1933-2 「Bakery & Cafe Niwa」へ。

      Niwaの外観    席から城沼を散歩する人たちが

城沼をめぐる散歩道「朝日の小径」が前にあり、全面ガラスの席から散歩する人たちを眺めながら、こだわりのキッシュとコーヒーケニアでランチ。
善導寺、善長寺、尾曳神社は何度も見ていましたのに・・このお店は・・・気が付きませんでした。
小さな隠れや。

子ども科学館へ。

       科学館      プラネタリウム

プラネタリウムの「ハヤブサ帰還バージョン」を見る。520円。
平日の昼間なので大人ばかりでしたが、結構入っていました。

「はやぶさ帰還カプセル」の実物にご対面。
   無料です・・・・30日までですよ。

カプセルにパラシュートをどのようにたたんで入れたのか・・・知りたい。

向井千秋さんのコーナーも見学しました。無料。
隣の「田山花袋記念文学館」も見学しました。210円。

もう一つ、ミニコミ誌シャトルで見た「田中一村 その世界」・・・・足利市助戸 龍泉寺へ。

      龍泉寺     美術館ポスター

4時の閉館5分前に着き なんとか入れてもらえました。
本堂の地下に美術館と茶室がありました。写真厳禁です。

明治41年栃木生まれの田中一村。10代の頃の絵も・・・奔放自在。
芸大を中退、千葉時代、その後 奄美大島へ渡る・・・無名で死んだ画家です。


横山大観の絵もいい。 龍泉寺美術館パンフレットより
棟方志功の「不空羂索大施無畏尊像」が一村と同調して室内に緊張感がみなぎる。

期間は2月26日までです。

渡良瀬橋から夕日・・・・間に合わない。


先週太田イオン屋上から見た夕日です。

     太田の夕日     21日の夕日

東日本最大の天神山古墳に日が沈む・・図。


テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : ハヤブサ 館林市 足利 龍泉寺 田中一村

初詣  藤沢 遊行寺と 芝 増上寺

1月6日、藤沢の遊行寺へ初詣。

時宗の総本山 藤沢山無量光院清浄光寺。

    遊行寺の新年のよそおい          清浄光寺

一遍上人の像         お札を受ける

1~3日まで御賦算があったらしい。今日は人も少なく静かな境内です。
家の宗旨なので祈祷をしてもらいました。

高速道で東京芝の増上寺へ。

浄土宗 三縁山広度院増上寺は徳川家の菩提寺です。

台徳院霊廟惣門 これではホテルの門みたいです     お江さん旗


プリンスホテルの門みたいですが、秀忠公の霊廟惣門です。

     三解脱門 1622年建立重要文化財です     大殿は昭和49年再建

三門は大きい・・・・。階段下には猿回しの大道芸が・・・。

大殿でお参りをして黒本尊の開帳を拝して裏の徳川将軍家墓所へ。港区は大河ドラマ「お江」のキャンペーンを。

昭和20年の戦災で焼けてわずかに残って改葬されています。

徳川家宣公中門       秀忠公夫婦の墓所

現存は、鎌倉 建長寺や狭山ユネスコ村(西武系です)、狭山不動尊にあります。

お江みやげ     大坂屋の江姫和三盆のなか

お土産も買いました。

今年は良いことがありますように・・・・。

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 遊行寺 増上寺

鎌倉初詣 鶴岡八幡宮 建長寺

1月5日、鎌倉初詣。

昨日藤沢駅前に泊まり、朝、江ノ電にのり、長谷へ。

古い歴史の長谷寺・・。
十一面観音・・・こんなに大きな観音様が流れてきたとは・・・。

長谷駅から近い   大きな本尊様です    境内からの見晴らしはいい。頼朝気分

 境内からは、由比ヶ浜が見わたせます。お寺饅頭を食べながら・・しばしウットリ。
宝物館、弁天窟も見学しました。

少し歩いて、高徳院へ。

大仏様が突然目の前に現れるので、ビックリします。礎石をみると大きな大仏殿だったのね。

     突然の出現にビックリ     美男におわす

 
  かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におわす 夏木立かな   晶子

             
ここから、バスに乗り鎌倉駅へ。
鳩サブレの豊島屋でランチ。

お雑煮 豊島屋の鳩サブレをお土産に購入 


小町通り、若宮大路を散策。
あまりの人ごみに、脇道から、高時腹切りやぐらを先に見にゆく事にしました。

大佛次郎邸茶亭は、閉まっていました。雪ノ下町で迷子になったようです。
犬の散歩のご婦人に聞くと、上品な話方で教えていただき、鎌倉夫人とはこのような人なのかと、感心しました。

新田義貞の鎌倉乱入・・・・鎌倉にとっては義貞は悪い人ですね。
新田出身の私は・・・心から手をあわせます。

  東勝寺跡の裏手     洞窟には 高倉健さんも先祖に塔婆をあげています

宝戒寺へ。

北条執権の屋敷も今は萩の寺で有名です。

若宮大路に戻り鶴岡八幡宮へ。

相変わらず・・・人…人。

   若宮大路     鶴岡八幡宮へ


石段には赤いガードマン   舞殿   舞殿から参拝
 
舞殿では御神印を頭に押しあてる「御判行事」をしています。
少しでも幸せを願う私は・・・当然うけました。

神札と絵馬 この期間限定品です

静御前が舞った場所で 八幡宮を参拝・・・・・感動です。



        ボタンと湖石     トンビも舞う


ボタン園も見ました。空にはトビが群舞しています。


頑張って歩いて・・巨福呂坂切通をとおり・・・円応寺で運慶作 重文の閻魔大王坐像を見て、建長寺へ。

夕日の建長寺になってしまいました。

総門から三門   三門とは三解脱門のこと   仏殿

総門、三門、仏殿、法堂がならんで配置されています。

法堂    唐門

法堂(はっとう)の天井画 雲竜図は9日に死去した小泉淳作画伯の作品です。

小泉淳作 天井画 雲竜図



ここは人も少ない。

仏殿、唐門は1647年 徳川秀忠夫人お江さんの霊屋建て替えで移築されたとか・・・。
明日増上寺に行く予定ですのので・・・じっくりとみる。

疲れてしまい・・バスで鎌倉駅へ。

乗客は、なんと私たちふたりだけ。みんな歩いている。

鎌倉は歩く人・・・。 歩数計をみると・・10㎞ 20000歩。


江ノ電で・・・ホテルにやっと帰りつきましたが・・・鼻水が止まらない・・・。

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 鎌倉 鶴岡八幡宮 舞殿 宝戒寺 建長寺 豊島屋

初詣 干支置物

正月は、家でスポーツ観戦でまったりしていました。

太田を走る元旦マラソン、箱根駅伝、高校サッカーと食べて観て寝ての毎日です。

熊谷まで子供を送りながら妻沼聖天山へ 初詣

午後5時・・・暗いです。

露天がしまい始めています     暗闇お参り

露天も片づけはじめ、本堂の光も消えていますが・・・お詣り。

開運干支置物を購入。

        開運 干支置物 竜       元旦から国旗掲揚

今年初めて、国旗を掲揚しました。

    今年は日本が、良い年でありますようにの 祈りをこめて

    

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

tag : 初詣

賀正

         あけまして おめでとう ございます


わがやの年賀状は毎年、その年に行ったサクラの写真をつかっています。
今年でちょうど12年、国指定天然記念物のサクラを中心に見に行っています。



                     角館です

                 「去年今年 変わらず咲けよ 桜花」  野里桜
  
今年の5月2日東北に行った時の写真で、秋田の角館です。


新年そうそう大きな揺れ・・・・今年は静かな・・・・良い年になることを 祈っています。

テーマ : 関東地方(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川)の最寄り駅情報
ジャンル : 地域情報

tag : 角館 サクラ

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク