スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山大観と日本美術院 佐野東石美術館

庭の雪も融けたので、お出かけ。

 佐野市本町の佐野東石美術館へ。

  美術館らしくない外観     東石美術館

 昭和55年 東京石灰工業(株)創始者 菊池登 により開館し 平成13年リニューアルオープン。

 近代日本画をはじめ、日本人美術作家による洋画・陶器・彫刻作品やまた栃木県にゆかりの作家の作品があります。

今回の企画展は

 
    「佐野東石美術館収蔵名品展」

      -横山大観と日本美術院ー

  
  横山大観 「瀑布」六曲一双屏風 が大迫力です。  

  大観、青邨、観山など美術院の作品が勢ぞろいしています。

  小倉遊亀の作品もあります。

  陶器も浜田、魯山人、波山そして荒川豊蔵の志野茶碗ががすばらしい。

  田村耕一も充実しています。



 貸し切り状態で大観を鑑賞できる貴重な美術館です。

 階段ですが・・・ペアチケット1000円です。木曜日休みですので、注意。

 
駅近くにある「田村耕一陶芸館」(無料)も見る。

佐野ラーメンで昼食。チョット濃い味でした。名前は言えません。


 佐野市郷土博物館へ。

  田中正造展示を見る。

  柄本さん・・・そっくり     小石

  ここはマニアックな展示?
  TVドラマ「足尾からきた女」放映後は見学者が多かったそうです。

  柄本明の田中正造は、感心しました。

  渡良瀬川の石もあります。県指定です。
  
  
 弥生時代中期、出流原遺跡の再葬墓の壺は、変わった模様です。

    重文です。これはレプリカ      さのまる
 

スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 横山大観 東石美術館 田中

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。