奥の細道  ②石巻 登米

8月29日晴れ。
9時、宿を出る。
昨日見られなかった「巻石」に再度チャレンジ。
巻き石2

こんな大きかったのか。

芭蕉が宿泊した新田町の碑。宿を断られたホテルのそばにありました。
新田町


石巻見物もしてしまおう!

ハリストス正教会堂。

明治13年建築のレトロでモダンな建物です。
隣は石の森萬画館。なんという違い。
ハリストス       石ノ森


サンファン館へ。
伊達政宗により建造され、1613年支倉常長らがローマまで行った慶長遣欧使節船の「サン・ファン・バウティスタ」号。
平成5年復元。東京まで曳航されて行った事もあるそうです。
サンファンバティスタ


群馬県出身者には、まぶしすぎる!海!船!

サンファン      サンファン2

内部は狭い、ベッドは小さい。これは・・・窮屈。
船首は「阿吽の竜」正宗らしい。
サン・ファン館内の、おいしい、と評判の海鮮レストランは、お休み。


道の駅で昼食。結局、海鮮料理を食べられませんでした。

ここで平泉の宿を夕食付で予約。一安心。

「みやぎの明治村」登米へ。

一宿碑

この後ろに見えるのが純木造二階建て、旧登米高等尋常小学校、今は教育資料館です。
私たちの世代には、懐かしくて、あたたかい思い出の学校です。
ヤッパリ木造はいい!
明治21年、山添喜三郎の設計です。
山添喜三郎は明治10年群馬県高崎の新町紡績所も設計しています。
学校赤門

六方の入り口、バルコニーとコの字型につくられています。
学校3      学校2


警察署あと。
警察

昭和43年まで使われていました。

武家屋敷と、お茶が飲める春蘭亭。
武家屋敷     春蘭亭


登米能のための森舞台。
隈 研吾設計・・・太田市のビジターセンターも設計するとか・・・。
森舞台

自然と一体化しています。太田も楽しみになります。

北上川にも芭蕉の碑。
芭蕉碑


平泉の宿「ホテル武蔵坊」着、5時半。
スポンサーサイト

テーマ : 東北旅行
ジャンル : 旅行

tag : 石巻 登米 奥の細道

コメントの投稿

Secret

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク