赤城山の紅葉と佐滝剛弘さん世界遺産講演会

寒くなりました。
沼田に「めざせ世界遺産」の講演会を聴きにいきました。

太田市から大間々経由で 水沼へ。
紅葉しはじめていました。

水沼       水沼近辺

下田沢から沼田へ。山に入るほど秋は深まります。

雲が山を暗くしています。
晴れ間がみえはじめると、あ!きれい!...車を止めて写真を撮る。
つられて止まる車も。

山       やま2

秋色のグラデーション。もう初冬の風情も。
ヤドリギ       根利

ヤドリギ(寄生木)を見つけました。

「あしひきの 山の木末(こぬれ)の
寄生(ほよ)取りて
挿頭(かざ)しつらくは
千年(ちとせ)寿(ほ)くとぞ」
           万葉集 大伴家持

カエデの大木が。トラックがきても、駐車しなくては。

根元を見ると一本の木です。
かえで

カエデ2      カエデ3

声もなく、見とれてしまいます。

薗原湖

薗原湖は道路が狭く駐車できません。
写真を撮るのも命がけ。
もっと性能のい良いカメラがほしい。

椎坂峠のオルゴール館で昼食。山菜うどん600円。
風が冷たくコートは冬物でなくては・・。それでも開けた高台からのゴルフの打ち放しをしていました。

沼田県民局でNHK前橋放送局の佐滝剛弘さんの講演会「絹産業遺産の世界遺産的価値」を聴く。

佐滝さんは「旅する前の「世界遺産」」「日本のシルクロード」の本の著者です。
世界遺産の最近の傾向は、次の有力な遺産候補 ル・コルビジェなどのテーマ主義や、文化的景観などであること、すでに800余あり、世界遺産が多すぎるのでは、といわれ始めていることなど、写真をまじえての、講演でした。

個人的には養蚕農家の屋根の美しさに魅入られて、アチコチ写真を撮り歩いているとか。これは、私も同感です。

「郵便局を訪ねて1万局」という本は 郵便 風景印 のコレクションで日本中を飛び回った話で、ここまでやるか!という「おたく」の楽しさイッパイです。地方の郵便局を見るたびに、風景印がここにはあるのかな?佐滝さんはここも来たのかな?と、想像してしまいます。
佐滝 本


帰りは林道を通り(カーナビは近道を探すのね)昭和ICから、北関東道伊勢崎ICへ。来春には、太田まで開通。待ちどうしい。
とりせん「城西の杜店」で夕食のお寿司を買う。店内の「ミラノ」のジェラードがおいしい。
スポンサーサイト

テーマ : 群馬県から
ジャンル : 地域情報

tag : 世界遺産 佐滝

コメントの投稿

Secret

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク