足利の文化財一斉公開2007

今日は、市街地で普段公開されていない所を見ることに。

通り6丁目織姫公民館裏の「物外軒」茶室へ。
物外軒       茶室

明治初年萬屋の邸内に建てられたものを明治34年移築。
その時のお大尽が、譲り受け維持していき文化財になる・・・。
庭1       池もみじ

庭園の池に映るモミジが、あでやか。

歩いて、「足利ハリスト正教会」へ。
ハリスト教会全体       ハリスト教会内

建物は昭和58年のものです。

日本最初の女流イコン(聖画像)画家山下りんの作品がありました。
イコン       イコン3

いこん2

イコノスタシス(聖障)に10点。奥の至聖所には「三位一体図」が。
素晴らしい!

歩いて「供養山三宝院」へ。
公開は午後からでしたが、住職の法話があり本尊に線香をあげてから文化財を拝見。写真を・・・とは言い出せませんでした。
三宝院       石塔

幕末、足利の画家、新井勝重の「紙本着色釈迦十六羅漢図」は本堂須弥壇の裏にあり他にも地獄図などありました。モチロン住職の説明付です。
石塔は藤原行国。

織姫山西の「長林寺」へ。

長林寺       本堂

モミジに囲まれた「長林寺」は500年以上の古刹。
足利長尾氏の寄進した文化財が多いようです。
国重要美術品の印文「禅」、笈など今回特別公開で、市の文化財課の方が説明してくれました。足利文化財カレンダーを購入。

足利学校は、人人・・・。

足利学校さままつりのイヴェント「足利そば商組合」「足利手打ち蕎麦切り会」の手打ち蕎麦で昼食。400円。天ぷらは売り切れでした。

松村記念館へ。
しゃれた大正時代の家です。
松村玄関       松村二階

蔵の中は二階、地下とあり興味シンシンで見学。
松村蔵       松村蔵の中

個人で維持するのは大変でしょうね。

ご存知、鑁阿寺へ。

天然記念物の大イチョウの黄葉が見事で多宝塔には写真家が、ずらりと。
今回文化財めぐりでは初めてのことです。

鑁阿寺門       多宝塔

大修復を終えた経堂を拝観。ご本尊釈迦如来も修復されていました。

国指定本堂


足利学校へ。
今日は無料です。
gakkou zenntai       門


孔子廟       孔子像


学校1       北庭園

手作り和菓子を食べ、抹茶をいただき、漢字検定試験をうけて、青空市を見てと楽しく一日を過ごしました。


帰り道に八幡町の禅定院へ。


公開時間の4時は、すぎていましたが境内のカヤの大木と板石塔婆を見ていたら住職が本堂に案内してくださり板絵図の説明をしてくださいました。

禅定院       禅定院 板石塔婆

なんと、親切な・・・・。感激。

今回参加して足利が大好きになってしまいました。

来年も楽しみです。
スポンサーサイト

tag : 足利

コメントの投稿

Secret

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク