スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美濃の秋 岐阜市 原三渓を慕って  ②

旅をすると疲れて昨日は寝ていました・・・年のせいです。
今日は、少し元気になり隣の足利の文化財一斉公開に行ってきました。

岐阜の続き二日目です。

朝起きると部屋から、長良川と岐阜城が見えます。
8年前、根尾谷の薄墨桜を見に来た時は岐阜城を見ていなかったので、今回…見るゾ・・。
岐阜グランドから     望遠で撮影

岐阜公園は秋・・・。そして 織田信長。
金華山ロープウェイで山頂へ。歩いて5分・・・急坂を登り、やっと岐阜城へつきました。
岐阜城    天守から    岐阜公園

岐阜市米屋町 水琴亭へ。
主人が会員の横浜市の「原三渓市民研究会」の皆さんと合流して、昼食。
原三渓は岐阜市柳津町の生まれで明治大正時代の横浜の大実業家であり、文化人です。

昭和5年頃横浜三渓園の臨春閣を、そっくり写した二階建ての数寄屋建築を水琴亭の奥に建て滞在したそうです。
水琴亭    庭   ふすま絵

三渓が描いた掛け軸や、モクレン、白鳥などの襖絵などが、大切に保存されていました。
このあとは、原三渓関連めぐり。
次は、母方の祖父 南画家 高橋杏村の碑を観に 善学院へ。
次は、先生たちと大垣市 大垣公園へ。原三渓の師、大垣藩儒者 野村藤陰の碑を観る。
次は、岐阜市柳津町佐波の原三渓(青木富太郎)の生家へ。

午後6時、先生たちと別れ今夜の宿泊地、恵那峡へ。
7時、恵那峡グランホテルに到着しました。
海より、ショッパイ!塩の温泉です。

明日はいよいよ木曾路に。天気予報は雨です。
スポンサーサイト

テーマ : ちょっと、お出かけ
ジャンル : 地域情報

tag : 原三渓

コメントの投稿

Secret

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。