スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜紀行Ⅶ一日目  花見山公園 飯坂温泉

福島市:花見山公園 5月1日
まずは、二本松城へ。桜はすっかり終わっていました。しかも、今回、カーナビのとおりに行ったら、なんと本丸跡まで車でいけました。前回は下から、大変な思いで頂上の本丸、天守跡まで登ったのに!!別名霞ヶ城は石垣だけの山城なのです。下の駐車場へおりて、正式?な入り口へ。戊辰戦争で戦死した少年隊の銅像をみて、箕輪門、三の丸跡に。会津と同じく戦に負けた城には誰々の切腹跡などばかりです。維新後の人達、二本松製糸株式会社、双松館の山田修翁の銅像もありました。
お昼は近くのレストランでランチ、コーヒー付900円。平日でしたね、忘れていました。おいしかったです。
安達が原の鬼婆の岩屋と黒塚も見学。マア一度はね・・・。
   みちのくの 安達が原の黒塚に 鬼こもれりと 聞くはまことか
芭蕉も奥の細道には「黒塚の岩屋一見し」としか書いていないし。。。
福島市の花見山へ。雨がふりそう・・・・・・
P1000071.jpg

花卉農家の個人の公園ですが、いろいろな種類の花が植えてあるので、写真には面白いので有名です。紅葉?が見事、でも桜は終わっていました。無料です。
飯坂温泉へ。
芭蕉が泊まった碑を探しました。駐車場もなく、石段を下った川の淵に。旅館の裏、陽も当たらないし、大事にして!  もっとも、芭蕉も・・・筵を敷き、あやしき貧家なり、灯火なし、蚤、蚊に刺された・・・などと書いているので、飯坂温泉としても、どうしようもないのかしら。
P1000083.jpg

宿の場所もわからず電話。でもみつからず。3周してやっと見つかりました。疲れた。一人10000円。でも自家源泉100%かけ流し、循環濾過なし。と言うわけで、熱くて湯船が小さい。弱アルカリ単純泉。気持ちいい!女湯は一人だけで貸切状態でした。
スポンサーサイト

テーマ : 旅先で見つけたもの
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secret

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。