スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五浦海岸六角堂と袋田の滝  ①

1月30日高速1000円の日。

冬の兼六園に雪がないので・・・五浦海岸へ、アンコウ鍋と岡倉天心を訪ねての旅をすることになりました。

どこに行こうか考えていたので出発は遅くなり太田市を10時半に出ました。
東北道館林ICから北関東道へ、友部から常磐道北茨城ICで下車しました。1000円。

磯原の野口雨情生家を見学。

野口雨情の生家     資料館は孫の方が建てたそうです

野口雨情というと・・赤い靴、シャボン玉、船頭小唄などで知られた童謡詩人です。

説明の人が急に雨情の祖父や大叔父の江戸幕末期の水戸家の話、天狗党などの話になり・・天狗党は群馬の人にとっては迷惑をかけた党だと意見を言ったら・・・

水戸藩開藩四百年で茨城県は「桜田門外の変」の映画を作るなど、幕末の水戸藩烈士に、燃えているようでした。

駐車場にいたタクシーの運転手さんに美味しい魚の店を聞いて、目の前の「としまや月浜の湯」で2時昼食。
駐車場は海のすぐそばなのに、お店からは海が見えません。残念。

魚群探知機というお店     としまやの駐車場は海のそば

地魚のさしみ     刺身は二人前です
お刺身は美味しい。

野口雨情記念館     大津港

近くの北茨城市歴史民俗資料館野口雨情記念館、大津港を見ながら五浦へ。

五浦海岸の 茨城大学五浦美術文化研究所へ。
岡倉天心は明治の美術関係の官僚です。文明思想家というらしいです。
天心の家    六角堂

ダイナミックで変化にとんだ五浦の景観が気にいり、ここを別荘に購入し後に、横山大観、下村観山などを呼び、五浦を日本美術院研究所としました。

五浦     天心の墓

茨城県天心記念五浦美術館へ。

県の美術館     ガラス多用の作り

自治体も記念館を作りました。この雰囲気は・・・館林美術館に、似ている・・・。

宿を探しながら、暗くなり民宿も見つからずに、いわき市方向へ。
午後5時30分なんとか見つけた植田駅前のビジネスホテルアクセスへ宿泊。
ホテルの紹介した隣の うどん蔵 扇屋で夕食。
天ぷらが・・・じつに・・・おいしい。

民宿であんこう鍋の予定でしたが・・・まあ・・いいか。お休みなさい。



スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 野口雨情 五浦 岡倉天心

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。