世のちり あらう 四万温泉 

もうじき春、冬眠から ようやく目覚めました。17日 旅立とう。

雪と歴史と温泉をもとめて・・・上毛カルタの旅へ。


  -------世の塵 あらう 四万温泉------

関越道 伊香保ICから中之条、いっきに奥四万湖へ。

静かな森と湖は、藍色?。時間帯や光の加減で違うらしい。

奥四万湖は不思議な色の湖      藍色

日向見薬師へ。

茅葺の屋根が古めかしい薬師堂とお籠り堂です。

日向見温泉     籠り堂と薬師堂

薬王寺も薬師堂も、旅館の中に取り込まれているようです。

       国指定重要文化財 薬師堂     お籠り堂


駐車場には、恐ろしい看板が立っています。そういえば・・小中の大滝にも、ありました。
四万温泉の由来となった御夢想(こむそ)の湯がありました。
神様がこの湯は四万の病を癒すといわれたそうです。
これは外湯(共同浴場)です。

看板      除雪車
ここだけ道に雪があり、除雪車が活躍・・・・雪国に来た・・・・。スタッドレスに変えて初雪道です。

創業300年の老舗宿 積善館 に宿泊。
「歴史の本館に宿泊で懐石を楽しむ」湯治スタイルの宿泊。

赤い橋と建物やトンネルは「千と千尋の神隠し」のイメージモデルと、なりました。

積善館     元禄時代の入口

建物は・・たしかに旧い・・・ここに泊まるのか・・チョコットため息がでてしまう。

部屋からみる     館内ツアー

館内案内ツアーに参加。これは、面白い催し物です。
帰宅して 積善館のブログを見ると、私達の写真と主人のコメントが載っていました。早いです。
ところで気になる記事があります、抹茶とぜんざいがでた日があったらしい・・・・。

       本館と山荘のトンネル     湯治宿の廊下

元禄の湯は、外戸をあけると・・美女の裸体が浴槽に・・チョット入るのが怖い蒸し風呂など・・実際にみてね。

元禄の湯 昭和5年に建てられた3階だての1階が浴場です。


他にも岩風呂,露天などお風呂はあり貸切風呂でゆっくりと、四万温泉を楽しみました。

山荘での夕食の準懐石料理はとても、おいしかった。佳松亭の朝食もよし。

四万の甌穴を見る。浸食された穴は・・見えない。

甌穴     キセキ

駐車場のそばの カフェKISEKI でチーズケーキーとコーヒー。
日向見の薬王寺の鹿覗き湯 つるや のカフェでした。
お店の人と楽しくおしゃべりしました。

沢渡温泉に寄ってみましたが・・・共同浴場の駐車場が、満杯(3台ぐらい)でしたのでやめて、中之条の天蚕 登坂工房へよりました。

昨年の夏、両陛下が登坂さんの家に訪問され、一躍有名になりました。

     パンフレット

天蚕は、日本原産のヤママユガの野蚕で、幼虫や繭が鮮やかな萌葱色をしています。

天蚕の花嫁衣裳    みどりが美しい

部屋にあった花嫁衣装・・・美しい緑の光沢です。


お土産のブローチ     ブローチのアップ

工房で展示してある着物や、クヌギ畑の管理の苦労話などを聞きました。
繭3個で作ったお土産のブローチ・・・3000円。
着物の値段は、おしてしるべし。

天蚕は、ため息がでる、美しい繊維のダイアモンド、です。

スポンサーサイト

テーマ : 関東地域情報(東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨)
ジャンル : 地域情報

tag : 四万温泉 積善館 千と千尋の神隠し

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク