「奥の細道」の旅  ③ 那谷寺 全昌寺 安宅の関

那谷寺は想像していた立石寺のような山寺では、ありませんでした。

那谷寺 山門     金堂

金堂、普門閣を拝観後、参道を行くと雪と雪吊りが・・・・。
本殿の参道には・・・奇岩・・・。

奇岩遊仙境     本殿     
岩窟の中の本殿     洞窟の中
那谷寺の写真は・・これだったのネ。強引な胎内めぐりのお勧めにあい・・チョコット気分わるくなる。
遊仙境の中の歩行は高齢者注意の看板がありましたので、行かないことにしました。
芭蕉の碑は雪にうずもれ・・・ここは冬景色。

芭蕉の碑     鐘楼

     石山の 石より白し 秋の風   芭蕉

 
三重の塔、護摩堂、鐘楼などなど見どころイッパイで時間がドンドン過ぎてしまいます。
駐車場の売店で那谷寺うどん(ごま豆腐入り)の昼食。

大聖寺駅近くの 全昌寺へ。

全昌寺  芭蕉と曽良の碑   芭蕉木造

芭蕉の加賀路最後の宿泊地、全昌寺。
庭の芭蕉の碑、五百羅漢を拝観後本堂へ。弟子の杉風の作の芭蕉木像を見る。

喫茶室に 北大路魯山人の器が多くあり・・・感心しました。
NHK美の壺に出た器もあります。

   よもすがら 秋風聞くや うらの山   曽良
   庭はいて 出でばや寺に 散る柳    芭蕉

柳の木は・・・。

隣の石川県九谷焼美術館へ。
ボランティアガイドの親切、丁寧な説明で、伊万里との関係など九谷焼き目利きになれそうです。
九谷の器でコーヒータイム。

金沢の宿を電話で探し、兼六荘に決まる。
これで安心です。

安宅の関を見ていこう!

夕方5時30分、安宅の関公園につきました。
日本海の夕日     こんなにもサビシイ所なのね

日本海に夕日が沈むロマンチックな光景です。
荒々しい海・・・昔の関は今は海になってしまった。と閉店準備の店の人が教えてくれました。

義経びいきの芭蕉はどうして、立ち寄らなかったのかな?

勧進帳の銅像     関の碑

小松市 多太神社に行けない・・・時間きれです。
太田の隣町、熊谷市妻沼の斉藤実盛が討ち死にした篠原古戦場、実盛塚、甲を奉納した多太神社・・残念。
写真では実盛像が妻沼聖天様にあるのと、そっくりのようです。

     むざんやな 甲の下の きりぎりす   芭蕉


      
今宵の宿、金沢市尾山の兼六荘へ。
本日の歩数は15000歩をこえました。


夕食は豪華?な、兼六荘内、つば甚支店の加賀会席です。おいしい。

スポンサーサイト

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

tag : 那谷寺 全昌寺 九谷 安宅の関

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク