館林美術館 高橋由一

もう秋! 芸術の秋!

同窓会の講演会も終わり・・やっと・・・気持ちにゆとりができました。

館林の麺1グランプリでも見に行こうと思って館林へ。途中の館林美術館へ寄り道。

開館10周年記念   
日本近代洋画にみる “自然と人間”



           絵のような景色      本日の企画展

天気が良すぎて、絵のような写真になってしまいます。芝生もミドリ、青々という言葉がピッタリです。
フラナガンのウサギも青空に向かってジャンプです。

         ウサギも秋空にピョン      緑がまぶしい


         浅井忠「小丹波村」のポスター       フォンタネージュ風 


今日は駐車場の車を見ると・・・静岡、新潟、習志野、熊谷、県外から・・観光バスもいます。凄い!

ガラスの回廊      講演会

明治になり西洋画という新しい絵が伝えられ、日本でどのように表現されたか、自然と人間の描き方、を時代を追って展示されています。
画家の出身地の県立美術館から出品されているのには・・納得です。

講演会が2時からあるのがわかり、聞いていくことにしました。まずは昼食を芝生をみながらとる。

講師は歌田眞介(東京藝術大学名誉教授)
「高橋由一と明治の洋画」

油彩の修復が専門のようで、明治から昭和まで、絵具画材から見るという変わった視点での話でした。
眠ってしまった・・・一部ですが・・・2時間の講義は本格的な内容でした。

       ヤマボウシの実      ボダイジュの実

秋の美術館には、秋のかおりがしていました。

そうだ!会員になろう!     会員証   ポンポンの白クマ・・・かわいいネ。


昨日は、親戚の子のピアノリサイタル
      ~モーツァルトへの誘い~増井 恵梨ピアノリサイタル リサイタルのプログラム


・・・・文化的な、連休でした。

スポンサーサイト

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 館林美術館

コメントの投稿

Secret

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク