スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車屋美術館と吉澤記念美術館

29日栃木県の小さな秋と美術館めぐりへ。

国道50号から4号に入り、間々田駅近くの小山市乙女「車屋美術館」へ。

小川家住宅。思川乙女河岸の問屋「車屋」が明治末期、日光街道に肥料問屋を開店。

      全体は大きな住宅     2階も公開していた

   奥庭には枯山水と大きな紅葉。古いガラス窓に映ります。

   奥庭の紅葉がいい     客間のガラスは古い


          歪んで見える明治の時

  旧米蔵を改修して美術館へ。

     「近代の女性南画家 奥原晴湖、跡見花蹊、野口小蘋」

  家の南が美術館     企画展のポスター

  奥原晴湖は古河藩士の家出身で近隣では、なじみの画家です。
  熊谷に隠棲し豪放闊達な画風。「松風鶴夢図」が好き。

  跡見花蹊は学校を造った教育者へ。「秋虫瓜蔬図」が好み。

  野口小蘋は帝室技芸員へのぼりつめる。「竹石図」が。

  黒田清輝の「跡見花蹊肖像」も出品されていて必見。

同じ時期に江戸にでてきた3人・・・・技量も同じようなのに・・・・・。

  
  道の駅「みかも」で昼食。

  三毳山は紅葉真っ盛り     高速からも紅葉

  このあたりは紅葉真っ盛りです。


  佐野市吉澤記念美術館へ。
  佐野市葛生東にあり伊藤若沖の重文「采蟲譜」があるので有名で何度も行きますが・・・・
  修復中ということで見た事はありません。

  今回は「吉澤コレクション 板谷波山と近現代の陶芸」展


波山展   正面入り口  池に映る紅葉

板谷波山は明治時代下館で生まれ、美術学校では彫刻科、石川工業高校教師時代に陶芸に挑戦した人です。
作品は葆光彩磁という霞がかかったような独特の光沢です。
 出光美術館が200点以上収集しています。

 すごいな・・・・。


  
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 車屋美術館 吉澤記念美術館

プロフィール

kayo

Author:kayo
還暦記念に始めました。
気付いたら70歳。古希です。10年も続いたのか。
桜旅、美術鑑賞が趣味です。

春ごとの花に心をなぐさめて 六十路あまりの年を経にける
           西行

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
FC2カウンター

無料カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。